退屈ってツラい

退屈ってツラい

四月二十六日。今日もあっけなく一日は過ぎてゆく。本来なら今頃春休みを終え、高校三年生の一学期を迎えているはずだった。しかし実際には、不要不急の外出を避け自宅で過ごす日々を送っている。私達から日常を奪い、世界中をも不況に陥らせている新型コロナウイルス。それは丁度SARSが流行した二〇〇二年に生まれた私…
春休み

春休み

私はこの春休み、コロナウイルスのため自粛しており、たまにする散歩以外はほとんど家で過ごした。その中で、私が海外に住むからこそ思ったことがおもに2つある。ひとつは家と学校が海を挟んでいることから感じた危機感で、もうひとつは差別という点だ。 私が住んでいるチェコ共和国は、3月12日に他国…
初めて暇だと思った春休み

初めて暇だと思った春休み

僕は毎年、春休みや夏休みなどの長い休みがあるときに家族で旅行に行ったり、親戚たちと集まってご飯を食べたり、遊んだりしていました。そういうスケジュールで過ごしていたので、今年の春休みまで一回も、長い休みで暇だと思ったことはありませんでした。でも、新型コロナウイルスの影響で、「親戚たちと遊ぼう。」とか「…
白紙の春休み

白紙の春休み

こんなことになっているなんて、、、。 関西空港に着いた時、初めて大変なことが起こっていると思った。母から日本のコロナウイルス感染症によって、動物園や遊園地などがほとんど閉まっていると聞いていたが、私は楽観的にとっていた。でも、ほとんど人のいない空港を見て、考え方を変える必要を痛感した。もう私が…
わたしができること

わたしができること

三学期が終わって、家に帰る日になりました。ずっと楽しみにしていたので、晴れ晴れしていました。イギリスでのコロナウイルスの状況はまだひどくありませんでした。 しかし、家に帰った後、コロナウイルスの影響がひどくなってきました。イタリアやスペインでの感染者、死亡者の増加が連日報道されていました。『も…

今年の抱負

私は、今年が立教英国学院に入学して二年目となるので、大きく三つの抱負を挙げたいと思います。 一つ目は、前年度に先輩達から教わった、分からないことや、知りたいことを、今年入学した小学部の人などを中心に、簡潔に教えることです。私も、立教に入学して間もないとき、先輩達から、テーブルマナーなど、数え切…

イギリスから初めての帰国

3月7日は僕が初めて日本に帰国した日でした。帰国の日の朝、僕はとても興奮していました。なぜなら僕の家で飼っている犬達に会えるからです。そのため、その日の学校にいた時間はとても長く感じました。ご飯を食べ終わってバスに乗って、友達と喋りながら空港に向かっていたら、あっという間に空港に着きました。出発まで…
stay home

stay home

自身の手で文字を書かない作文は初めてだ。それだけじゃない、画面越しに行われる授業も初めての体験だ。コンピューターの使い方に戸惑いつつも、新しいスタイルに新鮮だなと感じている。 私の春休みは、まるで出口のない迷路にいるような休みだった。その迷路は休みが終わった今も続いているように感じる…
春休みの思い出

春休みの思い出

私はずっと、春休みになれば日本に本帰国してみんなと遊べると楽しみにしていました。 しかしその夢は、今社会問題となっている新型コロナウイルスによって叶うことが出来ませんでした。4月末に予定していた本帰国のKLMフライトがキャンセルになってから、4月16日発のロンドン経由に変更したのですが、スウェ…
春休み

春休み

この春休み中に起こった、新型コロナウイルスという歴史を大きく動かす出来事が、僕の、私たちのこの世代に多大な影響を及ぼすことには間違いないだろう。そして、なぜかわからないが、私たちの世代というのは幸か不幸かいろいろなことが変化するという波乱万丈の世代といっても過言ではない気がする。いま、その私たちの前…