地元の村Rudgwickのアップルデイに参加した生徒の作文をご紹介。

地元の村Rudgwickのアップルデイに参加した生徒の作文をご紹介。

突然ですが、私はリンゴが大好きです。 あの、赤くて丸くて小さいリンゴを見ていると心から癒されます。 毎日でてくるデザートのフルーツは絶対リンゴを食べます。 そんな私ですから、今回のアップルディはまさに天国のようなものでした。 草原に広がるリンゴの匂いはまさに格別!! このお祭りでは村人達が…
くまのプーさんの森で乗馬散策

くまのプーさんの森で乗馬散策

ハッキング(Hacking)とは乗馬用語。馬に乗って野外を散策して楽しむことです。イギリスでは一般的で、立教構内や傍の農道などでも、馬で散策する人たちを見かけます。 立教英国学院では、金曜日ごとのフライデースポーツで乗馬を選択できます。馬場でウォーク、トロット(ゆるやかな駆け足程度)が出来るように…
20期生 菅沼さん

20期生 菅沼さん

4年振りに卒業生として訪問させて頂きました。 今度は2度目(卒業してから)の訪問でしたが、昼食をいただき、以前と相変わらずの味で大変懐かしく思いました。 私も気が付けばあっという間に32歳ですが、生徒と同じテーブルで食事をすると、まるで学生の時に戻った様で、いろいろな思い出が頭をよぎりました。…
大英博物館茶道講演会での感想「本当に茶道で大切なのは、『もてなしの心』」

大英博物館茶道講演会での感想「本当に茶道で大切なのは、『もてなしの心』」

 今回の講演を聴いて、私の持っていた茶道に対する心構えが間違っていたことに気付きました。私にとって茶道は、ただ自分が楽しむだけのものでした。ですが、本当に茶道で大切なのは、「もてなしの心」なのだと感じました。長年茶道をやっている人にとっては、理解しているのがあたり前のことなのかもしれませんが、茶道を…
英語科校外学習レポート 第3回 中2チーム 「立教について聞いてみました!」

英語科校外学習レポート 第3回 中2チーム 「立教について聞いてみました!」

まだまだ英語を習い始めたばかりの中学生達が地元の町や村に繰り出して体当たりで英語を試すイギリス文化体験記。レポート、写真、集計、地図作り等分担して生徒達自らの手で作り上げた作品をお楽しみください。 10月4日、私たちM2は3回目の調査をしにBillingshurstへ行きました。 今…
5期生 鵜飼さん

5期生 鵜飼さん

再びこの地を訪れる機会を得られることができ、大変嬉しいです。 また、当時の先生方にもお会いすることが出来て、一生徒に戻ったような気になりました。 夕食の慌ただしい中お邪魔させて頂き、すみません。でもいつも新鮮で楽しみです。 また来られるよう日本で頑張りたいと思います。…
数々の困難を乗り越えてステージに上げた「ギター部コンサート」

数々の困難を乗り越えてステージに上げた「ギター部コンサート」

10月9日(日)午後3時よりギター部によるコンサートがNew Hallで行われました。 2学期は一番長い学期ですが、行事も目白押し、そして数週間後には立教最大のイベント「オープンデイ」もあるので、一年で一番忙しい学期でもあります。この日も地元Rudgwick村で行われたアップルデーや野外研究会の外…
茶道部、大英博物館外出:「実演なさっている皆さんの動きのなめらかさに感動」

茶道部、大英博物館外出:「実演なさっている皆さんの動きのなめらかさに感動」

今回の大英博物館での講演で、まず感じたことは、お茶とお菓子が美味しかったことです。 私がお茶を点てようとすると、絶対に、すぐに手が痛くなってしまい、上手く点たないことが多いので、呈茶で出してくださったお茶の泡を見たとき、とても感激しました。お菓子の甘さも、甘すぎない、ちょうどいい味で、見た目もきれ…
川畠成道バイオリンコンサート バイオリンの音色に酔いしれた夜

川畠成道バイオリンコンサート バイオリンの音色に酔いしれた夜

10月7日(金)の7限、川畠成道さんのバイオリンコンサートがありました。川畠成道さんは、視覚障害を持つ天才バイオリニストとして知られています。舞台は、普段は食堂として使用しているNew Hall。しかし、その夜は全校生徒と教職員162人と近隣の英人のお客様150人以上が集まり、New Hallは満員…
今までで一番、もっとバスケが上手くなりたいと思えた試合

今までで一番、もっとバスケが上手くなりたいと思えた試合

高校3年生の引退後初めての対外試合が10月1日(土)に行われました。 対戦相手は毎年訪問し、交流を行っている女子校、Woldingham School。 土曜日の4限終了後に学校を出発し、車に揺れること1時間。 Woldingham Schoolと書かれた学校の門を通過し、やっと着いたと思って…