立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 初めて体験する短期留学。これから起こる何もかもが初めてで未知の世界だった。

立教生が綴る英国寮生活

初めて体験する短期留学。これから起こる何もかもが初めてで未知の世界だった。


初めて体験する短期留学、そして一人でのホームステイ。これから起こる何もかもが初めてで未知の世界だったため、私は好奇心でいっぱいで出発の日が待ち遠しかった。
出発の日、「メリッサと何を話そうか。こんなことを話そう。あんなことも聞いてみよう。」私はパートナーのメリッサと話す気満々でいた。ワクワクが止まらなかった。そして待ち合わせ場所に到着。それぞれのパートナーと顔合わせをして、それぞれの家へ帰った。私もまずはメリッサとあいさつを交わし、彼女のご両親にもあいさつをして、家まで車に乗せてもらった。そこまでは良かったのだが、全てがうまくいくわけではなかった。私は車の中でメリッサに話しかけられたのだが、聞き取れないことが多々あり、聞き取れたとしても、自分の思いをすぐに、上手く言葉にできなかった。私は少し自信をなくした。そのため、自分からほとんど話しかけられずに一日目は終わってしまった。ずっと楽しみにしていた短期留学が、不安と緊張で急に怖くなった。
二日目、家から学校までの道のりを、メリッサと音楽を聴きながら過ごした。学校に着いて、メリッサが日本語で話しかけてきた。学校で日本語の授業を選択しているそうだ。メリッサは、彼女にとって外国語である日本語を話すことを怖がらず、間違えても平気な顔をして話していた。私はその時思った。「そうか、私にとって、英語は外国語だから話せなくて当然だし、文法なんて間違っていて当たり前だ。」すると、少しずつ怖さが薄れていった。メリッサや彼女の友達が、英語で、時には片言の日本語で私に話しかけてくる。そして私は片言の英語で返す。そんなやり取りをして、私の質問や思っていることが上手く相手に伝わり、良いリアクションを得られた時は本当に嬉しかった。私は日が経つにつれて、学校生活が楽しくなっていき、いつの間にか初日の怖さは嘘のように消えていた。しかしその頃には、別れがもう目の前にあった。
別れの時。やはり、仲良くなれた分だけ別れは辛く私は涙があふれた。メリッサに目をやると、彼女も泣いていた。メリッサは私達との別れを惜しんでくれたのだ。私にとってそれが、何よりも嬉しかった。

 

(高等部1年生 女子)

最新情報
最新情報検索
pagetop