立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > ラストオープンデイで会いたかった人

立教生が綴る英国寮生活

ラストオープンデイで会いたかった人


二学期が終われば、もうイギリスに戻ってこない私にとって、オープンデイはこっちで出来た友人と会える最後のチャンスだった。そのため、今まで会った人たちを誘ってみたのだが、人によっては立教から四時間以上かかる場所に住んでいて、来られない人も多かった。だが、そんな中でもオープンデイに来てくれたイギリス人がいた。

一組は、中学三年で短期交換留学に参加したときに泊めてもらった家族だ。高校三年になった今でも、ジャパニーズ・イヴニングやスクールコンサート、そしてオープンデイに欠かさず来てくれる。今年は例年と違い、食堂の手伝いで忙しかったため、ゆっくり話せないかと思ったが、空き時間に会えて様子を聞くことができたので満足だった。

もう一人は、そのホストファミリーと違って、一年以上会っていない人だった。去年の夏にサイエンスワークショップに参加したとき、三日ほど私の家にホームステイに来た女の子だ。たまに連絡はとっていて、とても会いたかったのだが、機会がなく今まで会えなかった。オープンデイのことを知らせたときは、是非来たいと言ってくれたが、具体的に話をしなかったので正直来てくれる確信が持てなかった。当日も、食堂が閉まり始める二時頃になっても姿が見えなかったので、来ないのだろうとあきらめた。しかし、クラス企画をまわっていると、私を探している英人がいると言われた。そこで、彼女と一年ぶりに再会できた。思い返してみると、オープンデイの時間を伝え忘れていたのだが、最後に彼女に会えてとても嬉しかった。

卒業してしまえば、かなり長い間イギリスで出来た友人たちには会えないだろうが、またヨーロッパに来るチャンスを掴めるように、今勉強を頑張ろうと思った。

(高等部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop