立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > いつもと違うフライデースポーツ:Elmbridge Villageのご老人達との卓球トーナメント

最近の出来事

いつもと違うフライデースポーツ:Elmbridge Villageのご老人達との卓球トーナメント





毎週金曜日の午後は全校生徒/教員が全員でスポーツを楽しむフライデースポーツ。
サッカー・バスケットボール・バレーボール・バドミントンなどから乗馬やゴルフまで、様々な種目があります。
このフライデースポーツに今回は地元Elmbridge Villageのご老人達が参加し卓球の生徒たちと親善試合をしました。

以前までは、この村の方々とお会いするのは年に1度、毎年12月の帰宅直前にクリスマスキャロルを歌いに訪問する時だけでしたが、昨年からは更に交流を深め、EC(英会話)の授業で高校生が村を訪問してご老人達と懇談したり、本校に招待して日本文化の紹介をしたりとにわかに行き来が頻繁になってきました。
そして今回はスポーツでも交流をしようとこの親善試合が企画されました。

試合に参加される方々は6名と聞いていましたが、当日お昼過ぎに到着したご老人達は10名以上!なんと応援団も駆けつけてくれたとのこと。
生徒たちがフライデースポーツの集合点呼をしている間レセプションで待っていらっしゃったときは本当にごく普通のご老人達だったのですが、卓球の生徒たちが体育館にご案内した後、卓球台の周りに集合した時にはさっきまでとはちょっと違う雰囲気... 試合の組み合わせが発表されると、早速ウォーミングアップが始まり、各卓球台で順次試合が始まりました。広い体育館ではバスケットボールやバレーボール、バドミントンなども行われていましたが、この日はこの4台の卓球台の周りが一番活気に溢れていたようでした。

思わず遠慮しながらプレーする立教生に対して容赦なくスマッシュを決めるおじいさんがいたり、笑顔でラケットをさばきながら確実に相手のコートに球を運ぶおばあさんがいたり... お年の故に体が弱っているどころか、むしろ熟練したプレーが立教生を圧倒していました。
「なんとか勝てましたけど...」と苦笑いの高校生男子。卓球台の横でスコアをカウントする女子生徒が球を追って左右に首を振る回数もかなりの数でした。
まだ初心者の生徒も含まれてはいましたが、それにしてもElmbridge Villageチームの元気にはタジタジの立教生、結局お年寄りチームが9勝5敗で立教生を圧倒する結果となりました。

応援にきた方々も含めると平均年齢はなんと79歳だとか... そう言えば、前回高校生がVillageを訪れて懇談した時にも、その考え方や生きる姿勢、意欲に感動して帰ってきた生徒が沢山いました。自分たちの何倍もの人生を生き抜いてきた「強さ」と「奥の深さ」にまた出会うことができる良い機会になったようです。

予定時間を過ぎても、まだもっとやりたいと次々に新しい試合が申し込まれるほどで、リフレッシュメントまで終始和気藹々と交歓が進み、最後は再戦を約束して皆さん大満足の表情で帰っていかれました。
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop