立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 2018-Summer SHORT EXCHANGE PROGRAMME【 DAY TWO ; Getting excited today! 】◆ Collyer's Collegeより今日の留学日記 ◆

最近の出来事

2018-Summer SHORT EXCHANGE PROGRAMME【 DAY TWO ; Getting excited today! 】◆ Collyer's Collegeより今日の留学日記 ◆



2018年夏の短期留学プログラムが、7月8日(月)からスタートしました。短期留学先は、次の3つ。いずれも立教英国学院のある地区の、まさに地元の学校です。

Royal Grammar School (in Guildford)
Forest School (in Horsham)
The College of Richard Collyer (Collyer's) (in Horsham)

短期留学プログラムの様子を、留学生のコメントを中心にシリーズでお届けします。

***************************************************************************************************************

昨日は初日。様々なカルチャーショックを受けて、どっと疲れて帰ってきた短期留学生たちでした。「2日目かぁ...」と心も足もやや重めに、朝食をとって、学校へ向かったようです。そう、異文化の中に飛び込むと、大なり小なりショックを受け、疲れてしまうもの。それでも面白いことに、少しずつ慣れ、ぐったりしてしまっていたことがやがて何でもなくなり、逞しくやっていく子供たちの強さ。言葉では表現し尽せない楽しさと、醍醐味がここに隠されています。さあ、短期留学生の2日目はどんな1日になったでしょうか?

***************************************************************************************************************


◆ Collyer's Collegeより今日の留学日記 ◆

 留学2日目、1限からphotographyの授業がありました。今の時期はテスト終わりで授業らしいものがなかったので、スタジオに行って色々な写真を撮りました。学校に本格的なスタジオがあって、照明や背景もちゃんとしたものがありました。写真は後日送ってくれるそうです。1限・2限とphotographyをした後に、economicの授業に出ました。NIKEについての記事を読んで企業の方針や利益の計算などをした後に、クイズ形式で個人のiphoneで参加するクイズゲームをしました。空いた時間にはまた公園に行き、みんなでカードゲームなどをして遊びました。お昼ご飯は、ホーシャムでCollyersの生徒と一緒にご飯を食べ、自分の名前の意味とか、音楽についてとか、何が1番嫌いかとかわかりやすい話題で盛り上がりました。
 学期末ということで授業らしい授業があまりなくて授業がキャンセルだったりと、勉強の面で普段の現地校の様子ではありませんが、雰囲気や時間の使い方などはバッチリ感じました。
明日からもこのまま頑張ります。
(高等部3年生 男子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop