立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 2018-Summer SHORT EXCHANGE PROGRAMME 【DAY FOUR ; Wow, Biology! We can understand Biology in English!】◆Royal Grammar Schoolより続報!◆

最近の出来事

2018-Summer SHORT EXCHANGE PROGRAMME 【DAY FOUR ; Wow, Biology! We can understand Biology in English!】◆Royal Grammar Schoolより続報!◆

2018年夏の短期留学プログラムが、7月8日(月)からスタートしました。短期留学先は、次の3つ。いずれも立教英国学院のある地区の、まさに地元の学校です。

Royal Grammar School (in Guildford)
Forest School (in Horsham)
The College of Richard Collyer (Collyer's) (in Horsham)

短期留学プログラムの様子を、留学生のコメントを中心にシリーズでお届けします。

 サッカーのワールドカップ準決勝、イングランドVSクロアチア戦を夜に控えた第三日目。留学先でも、今夜の試合で熱く盛り上がる興奮の中にあったようで、イングランドと学生たちの盛り上がりの渦に巻き込まれて、一日を過ごしたようです。

◆ Royal Grammar Schoolより続報! ◆

 今日は4日目。「明日でもう終わりだ。」と思うとなんか悲しくなってくる。しかも明日は午前中だけ。その午前中も水泳大会。僕ともう一人はその水泳大会に出る。楽しみだ。

 今日は僕のパートナーもいた。そしてMr.Doddに「昨日、なんでいなかったの?」と聞いてみたら、「体調不良だったらしい」と教えてくれた。

 1、2時間目は英語。その時に英語の先生が、僕たちに対して「君たちにとってはとてもつまらないものだから、何していてもいいよ」と言った。しかし、僕はなるべく授業を受けようと思った。が、プリントやノート、レポート、教科書もなかったので仕方なくボーっとしていた。

 そのあとのブレイクで、近くのスーパーに行った。その時に僕はきちんとパートナーに言ってきたのに、僕のパートナーはまた消えてしまった。仕方なく昨日お世話になった人とともに行動した。

 3、4時間目はBiology。この授業だけは授業らしい授業だった。今日のテーマは『Photosynthesis』。僕はその範囲を去年のうちにやっていたので、復習のような感じになった。授業スタイルは立教でのbiologyの授業とさほど変わらなかったが、しいて言うなら、ほぼ白板に何も書かずに電子ボードに書いていた。わかる範囲だったのでうれしかった。

 5時間目は、今回の短期留学最後の授業でラテン語の授業だったが、何言っているか分からなかった。ラテン語の授業は、立教のECみたいな感じの授業だった。意外と楽しそうだった。

 昼食。今日の昼食は僕があまり好きではないlong rice。ついでに言うと、立教に帰ってきて夜ご飯を食べようとNewhallに行くと、またlong riceがたくさん。もう嫌だ――

 午後は待ちに待ったクリケット。学校の本校舎から少し離れた場所にあるグラウンドに行ってプレイした。最初のほうはどうすればいいかわからずただ暑いだけだったが、バットを握って実際にやってみると、とても面白く、今までの暑さが吹き飛んだ。とても楽しかったので、また機会があったら是非やってみたい。

 ついに明日で最後。どんな最後になるか楽しみ。

(高等部1年生 男子)

   *   *   *   *

 イギリスの教育制度では、この学期が最後のタームである。だから、雰囲気としてはほぼ終わりなのでみんなリラックスして、授業を受けている。授業といっても、例えばフランスの授業ではフランス語でとある映画を見たり、大体の授業が動画を見るといったものである。

一日の最初のホームルーム。先生が成績表を返していたので少し見せてもらった。この学校はABC評価で、その教科教科で各先生からコメントをもらうものだ。
この日はイギリスがクロアチアにサッカーで負けた日だったので、少し雰囲気が落ち込んでいるかなと思ったら、案の定落ち込んでいたが、みんなもうすぐ一年が終わるという嬉しさではしゃいでいた。

 1、2限目はフランス語の授業だった。前文にも述べたように映画をフランス語でみた。もちろん何を言っているかはわからなかったので、下に書いてある英語の字幕をできる限り読んで内容理解に励んだ。
 3限はバイオロジーを受けた。今日もいつものように植物について、勉強した。今回のテーマは木はどうやって水を吸収しているか?というものだった。ここでは、初めて水にはボンドのような働きがあることを学んだ。木が水を吸収する原理はかなり複雑なもので、理解するのに少し時間がかかったが、みんな親切に教えてくれたのでちゃんと理解することができた。
 4限はケミストリーだった。日本の化学の授業とはくらべものにならないほど、進んでいるので、結構難しかった。その理由はGCSEというテストに向けてである。この資格は大学に入るときなどにも必要である。
 昼食後にはみんなでクリケットという野球に似た、イギリスで有名なスポーツをした。ピッチャーとして活躍することができたので、よかった。
明日で学校は終わるので最後までしっかりがんばろうと思う。
(高等部1年生 男子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop