立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教歳時記 > 立教から2013年 サクラ通信

立教歳時記

立教から2013年 サクラ通信


  • 今年の桜の様子。まるく桃色にふくらんで準備は万端のよう。

  • 駐車場の周りに桜の木が並びます。

  • 昨年の写真(体育館、テニスコートに続くスロープ)。

  • 昨年の満開時の写真。
卒業生のみなさん、立教英国学院で満開の桜を見たことがありますか?
 
どこに桜があるかって?
NEW HALL前の池ですよ。
それからWEST HOUSE前に、体育館に向かう駐車場の周り一帯。
秋はオレンジ色に燃え立っていたじゃないですか。
 
在校生のみなさんは見たことがないはずです。
 
立教の桜は日本と同じで、大抵3月末から4月初めごろに満開になり、
4月中旬の入学式頃には新緑まぶしい葉桜にかわっているからです。
 
この桜の木々は、むかしむかし遠く日本から輸入してきたもの。
検疫を通過するために、農業大国オランダを経由して持ち込まれました。
庭師のピーターによれば、寒冷の地になじまなくて、何本かは死んでしまったけれど
多くは根付いて、今も日本の春の姿を思い出させてくれています。
アメリカはワシントンの桜公園みたいですね。
 
さてこの桜。
立教生のみなさんは、今年の春、桜満開が見られそうですよ。
 
なぜなら今年はイギリスの春がとーっても遅いから。
イギリス在住のみなさんならご存じでしょう。
3月末から急に寒くなって、4月初めまで毎日のように粉雪が舞った2013年。
気温も5℃を超えず、風が冷たくて冷たくて。
まだまだセーターもコートも手放せなくて。
4月も6・7日になって、ようやく日中気温が10℃近くに上昇してきました。
寒い春ですね。
 
しかし!
 
そのおかげで春の花々の開花が遅れています。
3月中旬には満開を迎える水仙の花が、ようやく6割がた咲いてきたところ。
アーモンドの花はやれやれとばかりに、開花。
立教の桜はつぼみを閉じて、花開く様子を見せません。
よく見ると、まるく桃色にふくらんで準備は万端のようですよ。
 
このまま気温が下がらなければ、今週末の入学式には
桜に迎えられて1年が始められることでしょう。
お天気に恵まれてよい1日となるといいですね。
桜を楽しみにしていて下さい!
めったにないチャンスが今年は訪れます。
pagetop