立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 小さいころからの夢が叶った「短期交換留学」〜Thomas Hardye School 短期交換留学手記〜

立教生が綴る英国寮生活

小さいころからの夢が叶った「短期交換留学」〜Thomas Hardye School 短期交換留学手記〜



 交換留学プログラムに参加する1人に選ばれた時、夢が叶って沸きあふれる喜びと、学校代表として関わりを持つ責任感に満たされた。バディが来る日が近づく度に、どのような交流をすれば楽しめるかどうか考えながら、そして緊張感も沸きながら当日が来てしまった。
 僕は去年と今年の夏に現地のサマースクールへ通った。そこでは国際的な交流ができたので、特に日本の文化を伝えようというこだわりはなかった。しかし、今回の相手は日本の全てに興味を持つ他校の生徒との交流だったので、自分のベストを尽くして、日本の文化など、たくさんのことをバディに教えて、相手を楽しませるように努力した。僕のバディは、来る前と比べて明らかに日本語力が増し、日本人との交流を楽しんでいるように見えて、彼が立教生の一員として生活しているように感じ取れた。
 毎晩の交流の時間では、体育館でスポーツをしたり、映画を観たりして、バディと楽しいひと時をすごした。充実した毎日で、5日間があっという間という言葉では言い表せないくらい早く過ぎた。
 来年、また彼らに会えると思うと、待ち遠しくて仕方がない。この学校での経験は日本ではできないことであり、そして今回はとても貴重な経験で今までの学校生活で1番の思い出となった。
 毎日英語と触れ合うというのは、とても英語が上達するし、日本語以外の言語を使っているので現地校に行っているような気分にもなった。たったの5日間であったが、僕にとっては結構ためになる英語のトレーニングになったと思う。僕は、まだまだ読解力が足りないので、これからも積極的に英字新聞やECの授業に取り組んでいきたいと思う。そして英語という言語を将来の良い武器にしていこうと決心した。
 今回このプログラムに参加できて、小さいころからの夢が叶ったことを本当に誇りに思っている。このプログラムを実現につなげてくれた先生方に感謝したい。
そして、これからもこのプログラムが続いて、他の生徒が1人でも多く英語に興味を持って、英語を好きになってくれることを願っている。

(高等部1年生 男子)
最新情報
最新情報検索
pagetop