立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > アウティング The Making of Harry Potter:「私は初めて映画を『世界』として見た。」

立教生が綴る英国寮生活

アウティング The Making of Harry Potter:「私は初めて映画を『世界』として見た。」





 アウティングで行く場所を先生から聞いた時の歓声と、実際に行って見た時の感動が忘れられない。私達M3とM3以下一同はワーナー・ブラザーズ・メイキング・オブ・ハリーポッターに行った。ここにはハリー・ポッターの映画を撮影した時に使われたセットや衣装などが展示してある。新聞でその記事を読み、いつか行ってみたいと思っていた矢先、アウティングで行くことになり、行く前日は嬉しすぎて他の事が考えられなかった程である。

 アウティング当日。朝、バスに乗り込み、10時過ぎにはスタジオに到着。スタジオの前でその雰囲気に感動し、中に入ってハリー・ポッターの世界に再び感動した。でも、その感動はまだ序の口。スタジオ・ツアーで通されたシネマ。その先には展示室。展示には衣装、セット、小道具、何から何まですべてハリー・ポッター。その世界にどっぷり漬かって見ることができる。校長、ダンブルドアの部屋、学校の絵画、とにかく全てがハリー・ポッターの為だけにスタッフによって、一枚一枚描かれ、造られ、そこにあった。私はハリー・ポッターの世界が本当にある様に思えてならなかった。この映画に携わった一人一人が全身全霊をかけて造り上げている物一つ一つが力強く、繊細で美しく、映画の為に造られた物として、どうしても見れないのである。

 映画の世界の裏には、綿密な設計と、技術があることも知った。ホグワーツ魔法学校の内装図、外装図、そして模型。全てが精密で、出てくるのは感嘆の声だけだった。
 現実の世界に引き戻されるはずのショップでも、感動は絶えなかった。魔法の杖、制服、箒。見て回るだけで楽しかった。いるだけでわくわくして、幸せだった。もっといたい。そう思える楽しさがあった。

 今回、ワーナー・ブラザーズに行って、私は初めて映画を、「世界」として見た。その世界を創るには、スタッフ一人一人のパッションと、団結力が必要なこと、そしてそこに、スタッフのやりがいを見出しているんだ、と感じた。ハリー・ポッターという世界に魅せられたからこそ、ワーナー・ブラザーズはハリー・ポッターを映画にし、私達に見せてくれた。それに魅せられた私達は、ハリー・ポッターという世界に魔法をかけられた、といえるかもしれない。その魔法は気付かない内に消えてしまう。この魔法、感動をずっととっておきたい、そして、分かち合いたい、そう思う。
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop