立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 短期留学手記「別れる日の朝はペアの子の顔を見ただけで涙が出て来てしまいました。」

立教生が綴る英国寮生活

短期留学手記「別れる日の朝はペアの子の顔を見ただけで涙が出て来てしまいました。」




私は今回、立教英国学院とミレースクールで行われた第1回目の交換留学に参加しました。
今回の交換留学では ミレースクールの子たちが立教に来て、1週間共に生活しました。

平日には、私たちが普段受けている授業を一緒に受けました。GCSEでは分からないところを教えてもらったりしました。日本語で受ける公民や数学の授業では、授業の内容を英語に訳して説明しました。普段、授業を英語で訳すことがないので、とても難しかったですが、ペアの子が私のぎこちない英語の説明を真剣に聞いてくれて、内容がちゃんと相手に伝わった時はとても嬉しかったです。
授業の無い日曜日には、日本の伝統文化である茶道や着物の着付けをして日本の文化に触れてもらいました。みんな日本の文化に興味津々でした。初めての着物を着て、嬉しそうにはしゃぐ彼女達を見て、何だか私も嬉しくなりました。国際化が進むこの時代だからこそ、自国の文化を学ぶことは大切なのだと良く耳にしますが、今回それを身を持って実感することができたと思います。
最初はお互い緊張でぎこちなかったのに、すぐに打ち解けて仲良くなることが出来ました。別れる日の朝は、ペアの子の顔を見ただけで、涙が出て来てしまいました。ミレースクールの子たちと過ごした1週間は毎日が楽しくて、笑顔が絶えないとても充実した日々でした。
今回の交換留学では去年のハーフタームにしたホームステイの時よりも、多くのことを相手に伝えることが出来るようになったと実感することができました。それでも、相手が何を言っているのか良く分からずに、相づちを打つだけのこともあったので、もっともっと英語を勉強したいと思いました。
3月にミレースクールでまたエイミーに会うのが楽しみです。

(中学部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop