立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > みんなの心が一つになったオープンデイ

立教生が綴る英国寮生活

みんなの心が一つになったオープンデイ



 「総合優勝の発表です。」
 ドラムロールの音がホール中に鳴り響く。手をギュッと握りしめて、結果発表の時を待つ。ワクワクする一方で、心臓がギューッと押しつぶされるような複雑な気持ち。結果を知りたいけれど、知りたくなかった。そして、告げられた私達の順位は、三位だった。正直言って私はそれを聞いたとき、とても悔しかった。ずっと二位か一位を取るだろうと思っていたからだ。

 この一週間、私たちは全力でオープンデイ作業に取り組んできた。オープンデイ週間に入る前は、中三は学校の中で一番進みが遅くて、中三このままで大丈夫か?と言われ続けてきた。話し合いもなかなかまとまらなくて、私達自身もかなり心配していたと思う。だが、一度オープンデイ期間に入ると、今までつっかえていた歯車が、動き出したかのように物事が進んでいった。それに、作品のクオリティーは自分たちでもびっくりする程のものだった。オープンデイ期間中は、一日一日が、充実していて楽しいものだった。中三のみんなと一緒に作業できて本当に幸せだった。一面が黒ビニールで覆われた体育館、色とりどりのペンキ、立教中がオープンデイカラーに染まっていた。最初はなかなかまとまらなかった中三だったが、一つの作品を完成させようとみんなの心が一つになった。あれ程までに大丈夫か?と心配されていた中三がちゃんと作品を完成させることができたことに大きな達成感を感じ、感動した。

 今年は、三位という少し悔しい結果に終わってしまったが、私は中三のみんなでオープンデイをすることができて良かったし、三位という順位が悔しいのは、それだけ頑張ってきたということだと思う。初めてのオープンデイが、最高の仲間と一緒に作った最高の思い出になって本当に良かった。

(中学部3年 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop