立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > ケンブリッジ研修 一日目日記

立教生が綴る英国寮生活

ケンブリッジ研修 一日目日記




今日はケンブリッジ研修初日でした。ホームステイに参加する人達と同じ2時半ごろ立教英国学院を出発して、渋滞の中バスに揺られながら約3時間するとケンブリッジのMurray Edwards College に到着しました。

僕たちが宿泊する嘉悦センターと呼ばれるところはこの敷地の一角にあります。スーツケースを運ぶとまずこのセンターのマネージャーであるピーターさんに出迎えられ、ウェルカムドリンクをいただき、ひとしきり宿泊の注意事項をつたえてもらいました。ピーターさんによると、このセンターは日本の大企業や学生たちが最先端の研究を行っているので警備は厳重で、さらに質の高いインターネットが必要とされるためWi-Fiはかなり速いそうです。(そのためにここに宿泊しているわけではありませんが、、、) 

荷物を部屋に運び終わるとすぐ夕食の食堂に向かいました。今日僕たちが夕食を食べた場所の壁には無数のLANのコンセントが設置されており、これは機密の高い研究を行うときWi-Fiでは安全性が確保できないからだそうです。様々なところに普段との違いを感じました。ピーターさんによると、この部屋はつい最近バーチャルリアリティーを使った模擬手術が行われたそうです。

ほかにこのセンターで面白いと思ったところは、掃除機や扇風機、最近ではヘアドライヤーにも進出してきた有名なダイソンという会社の本社がケンブリッジにあるということで、センター内の扇風機はすべて同社でそろえられているということです。

夕食は日本の研究センターということもあり、日本食でした。メニューはエビフライ、カリフォルニアロール、みそ汁、そしてデザートにイチゴといったものでどれも頬が落ちてしまいそうなほどおいしかったです。

一日目の感想は、とにかく普段とは違うメンバー、環境から流れ込んでくる新鮮味をただただ味わうだけとなってしまったが、それはとてもおいしく、これからの滞在に向けての活力が沸きました。

(高等部1年生 男子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop