立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 輝いて

立教生が綴る英国寮生活

輝いて


皿並べが終わって、New Hallから出た瞬間、ぶるりと体を震わせた。寒い。風は微かながらも冷たく頬を撫でた。こんなに寒かったっけ。そう思いながら白板を見ると11月と書いてある。えっ、もうあと1ヶ月なのか。この学校から居なくなるまで。

2年前。高校1年生だった私。髪が短く、ネクタイも結ぶことが出来なかった頃。初めての事だらけでまごまごしていた。その時の自分を見る事が出来たのなら、きっと吹き出してしまうだろう。当時の、未来の事なんて微塵も考えていなかった、青い私だったから。

1年前。高校2年生だった私。髪は伸び、ネクタイも時間はかかるけれどなんとか結べるようになった頃。1年の差で思い出せることはかなり多くなる不思議。真ん中(高校生の中で)というのはひどく気が楽だ。慣れた私はいろんなことをした。楽しいことは今でも口元が緩んで、心が明るくなるし、愚かなことはナイフで切られたような感じがして、顔をしかめる。実に生々しく、私の中で生きている。いつでもほんのり熱を帯びていた私だった。

そして、今。髪は長く、他学年とは違う色のネクタイをしっかり締めている現在(いま)。本当に早かった。ほんとうに。大きい机でこれを書きながら、痛感する。これも最後、あれも最後。この作文だってそうなのだ。私は思う。こうやって書いているから思い出すことだって沢山あるけれど、これから先思い出すのだろうか... いや、きっとふとした、本当に何気ない瞬間に思い出すのだ。切ないような、安心したようなそんな心の中。

これから、したいこと。皆で星を見に行きたい。去年とても感動したのを思い出す。今回はまた違うように見えるのかな。きらきら光る星達の中で、今までの思い出、記憶達はより一層あざやかに、煌々と輝くだろう。そして時が経って、私が青くなくなったってそれは常に心で輝き続けることだろう。
そんな風に思いながら、冷たい頬に手を当てた。手はもう冷たくなくて、ほんのりと温かくなっていた。

(高等部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop