立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 考えていること

立教生が綴る英国寮生活

考えていること


「何を書こう。」最後の作文と聞いた時に真っ先に思ったことだ。無難に、高校生活を振り返ってみようかなと考えたが、最近学んだ事について書くことにした。

私は、2週間前に受験の為日本に帰った。帰るということは書類審査が通ったという事なので嬉しくて、頭がいっぱいになり浮かれていた。なぜなら既に一校落ちて、AO入試の厳しさを痛感していたからだ。

落ちたショックで沈んでいた時に、私がとても信頼していた人に言われた言葉が響いた。
「次することは何?」
私は当然慰められると思っていた。だが、この言葉のお蔭で早く立ち直ることができた。

受験の日はとても緊張した。上がり症ではないのだが、終始震えていた。そんな中、大きなミスを面接でしてしまった。帰り道、やり切ることが出来なかった悔しさから言葉も出なかった。
立教に戻りみんなと会い「どうだった?」と聞かれるたびに笑い話をしてごまかした。しかし結果発表日が近づくにつれてドキドキするくらい笑えなかった。

発表当日になり、親から連絡がこないという事で結果を察した。あの言葉を思い出し立ち直ろうと頑張った。正直、落ちたことの悲しさより、受験を支えてくれる両親へ何も結果を出せない自分の不甲斐なさを実感した。

次の日、母親から電話が来た。まずはお礼を言おうと思っていた。言葉が詰まりなかなか言い出せないでいたとき言われた。
「合格おめでとう。」
聞き間違いではなかった。嬉しいよりも驚きだった。

以前、先生から言われたことがある。「AO入試は水モノだ。」確かにそう思う。受かるか落ちるか紙一重の試験で得た事がある。それは素直になることだ。このことがなかったら私は両親に恥ずかしくて感謝の気持ちを直接伝えられなかったと思う。
これから私は「次しないといけないこと」の為に集中していきたい。

(高等部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop