立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > プレーヤーと観戦者の架け橋、ウィンブルドンテニストーナメントに行って。

立教生が綴る英国寮生活

プレーヤーと観戦者の架け橋、ウィンブルドンテニストーナメントに行って。




「テニスの中にあるもの」

イギリスで最も有名なテニスの大会、ウィンブルドン。初めてのウィンブルドンはとても楽しかった。楽しかっただけでなく、出場する選手の真剣さ、必死さが分かった。ウィンブルドンに行って本当に良かったと思う。

朝、わくわくしていてバスの中も寝れなかった。午前7時頃にウィンブルドンに着き、会場に入るために並んだ。前日から並び、テントを張っている人達を見て、選手だけではなく、観戦者も真剣そのものだと感じた。午前11時頃、ようやく会場の中に入れた。思ったより広く、イギリスらしくきっちりしている感じがとても好きになった。会場に入って昼食を済ませた後、錦織圭選手のダブルスの試合を見に第7コートへ行った。コートが分からなくて、警備員の人に聞いた時、英語が通じてとてもうれしかった。錦織選手はテレビ番組で見たことがあった。それだけに、本人を見られた喜びは何とも言えないものであった。選手の真剣さが観戦者に伝わり、緊張感がある試合。試合の際のマナーには、選手への配慮が沢山あり、今まで努力してきた選手とそれを受け入れる姿勢に感激した。

テニスの試合をする。それだけのことなのに、なぜこんなに熱くなるのだろう。私はテニスの試合の中にプレーヤーの必死さ、真剣さがあるからだと思う。テニスでプレーヤーと観戦者がつながることができる。だから熱くなるのだと思う。ウィンブルドンはその架け橋の役割をしていると思う。ウィンブルドンにはもう行けないかもしれない。でもそこで感じたことは一生忘れないと思う。

 

(中学部2年生 女子)

最新情報
最新情報検索
pagetop