立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 〈中1 初めてのハーフターム・シリーズ Vo.1〉 初めてのホームステイ ホストファミリーの笑顔につつまれて

立教生が綴る英国寮生活

〈中1 初めてのハーフターム・シリーズ Vo.1〉 初めてのホームステイ ホストファミリーの笑顔につつまれて


僕は、生まれて初めてホームステイをしました。小学校で一回、ホームステイを申し込んだ事があったけれど、男子がほかにいないため、一人になってしまうそうだったので、やめました。小学校でホームステイを申し込んだ時は、不安でいっぱいでした。でも、行かない事になったので、その時は少しほっとしました。そして今回、初めてのホームステイで、やっぱり不安になりました。

出発する日になって、少し不安が消えて楽しみになってきました。時間になって、ホームステイ先の家族が来た時に、車二台で来ていたので、家が豪邸かなと期待しました。家に着いて中に入ると、期待通り豪邸でした。僕の部屋は、二階でした。着いてから家の案内をちょっとして、一週間の予定の紙を見て、教えて下さいました。その紙に、朝食、昼食、夕食の内容も書いてありました。双子のかわいい男の子がいたので、うれしかったです。

一週間の内に、動物園に行ったり、遊園地みたいな所に行ったり、ピクニックにも行きました。買い物にも何回も行きました。この一週間の間にいろいろな所に行けました。双子の男の子と一緒に、テレビを見たり、遊んだりもしました。

ハーフターム中に、沢山の思い出が出来ました。それは、ホストファミリーが笑顔で楽しそうだったからと、双子の男の子と一緒にゲームやレゴなどをしたりして楽しかったからです。いい思い出が出来たのは、ホストファミリーのお母さん、お父さん、それに双子の男の子のおかげだと思います。

(中学部1年生 男子)
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop