立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > DANCE PROJECT ー無我夢中でダンスに打ち込んだ日々ー

立教生が綴る英国寮生活

DANCE PROJECT ー無我夢中でダンスに打ち込んだ日々ー




 立教最大のイベント、オープンデイ。去年と今年とではかなり心持ちが違った。クラス企画もそうだが、ここではフリープロジェクトについて書こうと思う。高一の時はただ純粋にダンスがしたくてダンス企画に入った。踊ることが楽しくて、放課後が待ち遠しかった。しかしいざオープンデイ当日になると、表情は堅いし、踊りは緊張からか、小さくなってしまい、納得のいくダンスができず、不完全燃焼に終わってしまった。

 そして今年。みんなをまとめる立場になってダンス企画に帰ってきた訳だが、高一の時とは比べものにならないほど多忙だった。曲選、衣装、構成などを考え、たくさんの時間をダンス企画に費やした。何より大変だったのが、振り付けだ。自分で振り付けをするのは初の試みだったので、不安でいっぱいだった。みんなが踊っていて楽しいダンス、且つ、見る人を魅了するダンスとは何か、夏休み中から振り付けを考え、最後の振り付けが終わったのはオープンデイ数日前だった気がする。こんなにたくさんの曲をよく振り付けたと自分自身感動している。

大変だったのはこれだけではなかった。やはり人間誰でも気は緩むものである。全体的にやる気が落ち、集中力がない中で練習など出来る訳がない。案の定、中間発表はグタグタだった。私は曲を途中で止め、一喝した。こんなに熱くなったのは久しぶりだった。でもそれだけダンス企画が好きだった。そしてその日を境にダンス企画は生まれ変わった。少なくとも私はそう信じている。一日一日練習を重ねていくごとに、絆が深まるのを感じた。

 そして当日。こんなにダンスを楽しいと思ったのは初めてだった。自然と笑顔が溢れ、自然と体が動き出す。心の底から楽しかった。優勝こそ出来なかったものの、最高の時間を過ごすことが出来た。この二十人で泣いて笑って、一生懸命、無我夢中でダンスに打ち込んだ日々は私にとってかけがえのない時間だった。このメンバーでダンスが出来たことを誇りに思う。十九人にありがとうを言いたい。やっぱり私はダンスが好きだ。ダンス企画が大好きだ。みんなで円になって気合いを入れた時の掛け声に私は何にも負けない強い絆を感じた。

(高等部2年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop