立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 高2の冬休みに ー高3への決意ー

立教生が綴る英国寮生活

高2の冬休みに ー高3への決意ー


二学期の終業式、高三に別れを告げた。
私にとって高三との別れはとても辛く虚しいものだ。この学校に入学した当初から、私は今の高三にとてもお世話になっていた。部活、休み時間、食事の席、イベントごと、何をするのも高三と一緒だった。いつの間にか、高三のみなさんも自分を後輩というよりも、友達としてみてくれる方が多くなっていたと思う。私は高三のみなさんを兄のように慕い、尊敬していた。そんな高三が来学期からいなくなってしまう。そして今度は私自身が先輩とならなくてはいけない。特別仲のいい後輩もおらず、ましてや怖がられているという噂も聞くほどだ。やっていける自信がない。

私は冬休み、何人かの高三と会うことができた。一緒に笑って馬鹿騒ぎして、学校じゃなくてもこうやって会ってくれる。こんな先輩たちが大好きだ。辛い時、うれしい時、いつでも話をきいてくれる先輩たちが大好きで仕方なかった。ある一人の先輩が
「俺たちといる時はおもいっきり甘えていいから、学校に行ったら甘えられる存在になりなさい。お前なら、絶対ついてきてくれる後輩がいるから。」
と私の背中を押してくれた。

残り一年、この学校で私ができること。それは上の代から与えられたものを、下の代に与えることなのではないのか。それが先輩になるということではないのか。私の目標、それは先輩たちの思いを受け継ぎ、私自身が今の高三のようになることである。今度は私が後輩の背中を押せるよう、頑張っていきたいと思う。

(高等部2年生 男子)

最新情報
最新情報検索
pagetop