立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 2018年度3月 短期留学体験記 DAY 2-2〈Weald School〉

立教生が綴る英国寮生活

2018年度3月 短期留学体験記 DAY 2-2〈Weald School〉


多くの生徒が春休みを迎えていますが、3月11日(月)から15日(金)までの1週間、留学プログラムに参加し、イギリスの学校生活を体験している生徒たちがいます。
The Weald Schoolは立教から約20分ほど離れた町、Billingshurstにある共学の学校です。ここでは11歳から18歳までの約1700人の生徒が学んでいます。The Weald Schoolとは、今回が初めての交換留学となります。立教から派遣されている中学3年生2名、高校1年生4名から毎日届く留学日記を紹介します。

   *   *   *   *

今日は昨日よりも沢山話しかけようと意気込んでいた。しかし最初の方は文法がおかしかったらどうしようなどと、不安が募り話しかけられなくなってしまった。
Englishの授業で先生に別課題として、「日本と英国の教育の違い」について書いてと言われた。これはとても難しいお題で時間を要した。やっと書き終えた時にバディーの子に、興味があるから読んでも良いかと尋ねられた。稚拙な文章だったため、恥ずかしかったが読んでもらうと、すごく褒めてくれた。また日本に関心を持ってくれたし、とても英語が上手だと言ってくれた。お世辞なのかもしれないが私はとっても嬉しかった。また、今日はバディーの子に限らず色んな子と話せたように思う。高橋先生の奥さんにピアノを教えてもらっていたという子もいて、学校の話もする事が出来た。
また今日一番刺激的だったのは、日本人の女の子がネイティヴの様に綺麗な発音で外国の子と話していた事だ。凄く楽しそうにバディーの子たちと話していて、本当に尊敬した。同時に少し悲しくもなった。いつか私も努力して、あの子の様に話せる日が来るのかとても不安になった1日でもあった。

中学3年生Kさん

   *   *   *   *

今日は昨日と比べるとバディの子と話せるようになりました。授業の合間に話していた女の子のお母さんが立教でartの先生をやっていた人で驚きました。まだ多少緊張してるところはありますが、頑張っていきたいと思います。

高校1年生Kさん

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop