立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 小学5年生から高校3年生まで、全校生徒がTOEIC及びTOEIC Bridgeの英語資格試験を受験しました。

最近の出来事

小学5年生から高校3年生まで、全校生徒がTOEIC及びTOEIC Bridgeの英語資格試験を受験しました。


9月23日(日)本校を会場としてTOEIC及びTOEIC Bridgeの英語資格試験が実施されました。

本校では昨年よりオフィシャルセンターとして毎学期この試験を実施しています。2学期は小学生から高校3年生まで全校生徒が受験することになっています。
夏休みからこの試験をターゲットに勉強を続けてきた生徒、帰寮してから必死に問題集を解いている生徒、1週間前に行われたガイダンスをきっかけに最後の数日頑張った生徒など様々ですが、それぞれに目標を設定して取り組んでいたようです。
この試験の他にも、日本の英語検定、ケンブリッジ大学英語検定など公式英語資格試験を校内で実施していますが、TOEICは合否判定ではなく実力がそのまま点数として現れるので、継続的に受験して英語力向上のきっかけにするのに役立つ試験です。

当日は150名を超える生徒が受験した為、ダイニングホールのテーブルを並べ替えて試験会場を作りました。そしてこのホールと図書館の2会場で120名の生徒がTOEICに挑戦。高校生が中心でしたが、中にはこの9月に入学したばかりの小学校5年生を始め、英語に自信のある中学生18名もTOEICを受験しました。試験時間は2時間。リスニングは1度しか読まれない100問の問題が45分間続きます。英語力もさることながら、集中力も問われます。大きなホールには、大勢の生徒がいるにもかかわらず、静けさと張りつめた緊張感が漂っていました。
小学生・中学生は図書館でTOEIC Bridgeを受験。リスニングとリーディング、合わせて1時間の試験でしたが、英語を習い始めて数ヶ月の小学生や中学校1年生から高校受験目前の中学3年生まで、皆気を抜くことなく真剣に取り組んでいたようです。

どちらの試験結果も1週間以内には学校に届きます。夕食後には、試験の手応えがあったのか、早速何人かの生徒たちが結果はいつ知らされるのかを聞きにきていました。
この結果が英語学習にさらに前向きに取り組む刺激剤となれば何よりです。
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop