立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 社会科フィールドワーク:ピアノの館、ハッチランドパーク訪問

最近の出来事

社会科フィールドワーク:ピアノの館、ハッチランドパーク訪問




6月3日、中学部1年生と2年生はハッチランドパークへフィールドワークに行って来ました。ハッチランドパークというのはナショナルトラストに登録されている、歴史あるお屋敷。建物が立派であるだけでなく、そこに展示されているピアノのコレクションで有名な所です。その昔この屋敷に住んでいたアレック・コブ氏がピアノのコレクターだったため、今でも30を超える数のピアノを見ることが出来ます。

午前中の授業を終えてからサンドイッチを持ってミニバスに乗り込み、ハッチランドパークへ向かいました。この日はあいにくの雨。車に乗って約30分、豪華なお屋敷に到着しました。建物の周りの広大な芝生やガーデンもとてもすてきな所でした。ワークシートを片手に早速建物の中へ入りました。最初の部屋はアトリエ。この部屋だけでも5台のピアノがありました。中にはマリーアントワネットのために作られたピアノまであります。生徒達はピアノの数を数えたり、飾られているお屋敷の持ち主たちの肖像画を見ながら班ごとに分かれてワークシートに取り組んでいきました。何か疑問に思うことがあると各部屋にいるガイドの方に英語で質問をする生徒の姿も。とても意欲的に取り組むことが出来ました。図書室、廊下、ダイニングルームにもピアノが沢山ありました。半月型のピアノ、長細いピアノ、ショパンのピアノ、リストのサインのあるピアノ...。お屋敷は貴重なピアノでいっぱいでした。そして最後の部屋では豪華絢爛なオルガンを弾かせてもらうことまで出来ました。1時間程のお屋敷のツアーを終え、外に出ると天気はすっかり良くなっていました。広大な庭の噴水の前で写真を撮って学校へ帰りました。歴史ある音楽家たちが実際に演奏した楽器に触れ、当時の人々の暮らしに思いをはせることの出来た貴重なフィールドワークとなりました。
最新情報
最新情報検索
pagetop