立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 小学生アウティング:ギルフォードを訪れました

最近の出来事

小学生アウティング:ギルフォードを訪れました



あまり天気の良くない日が続く3学期ですが、この日も朝からどんよりした空模様。小学生の今学期アウティングは、天気が良ければ丸一日サイクリングに行く予定でしたが、昼は強風・午後から雨という天気予報の為、雨天プランでGuildfordの町を訪れることになりました。
午前の部はトランポリンセンターから。駅の裏手にある大きな建物の中に何十面ものトランポリンが並ぶ施設です。専用の靴下をもらって荷物を預けたあとトランポリンが並ぶ入口に集合です。早る気持ちを抑えながら、まずは英語でトランポリンの使い方や安全上の諸注意を聞きます。担任の先生の助けを借りながらもフムフムと英語の説明に頷く様子はなんとも頼もしく思えました。
「ドッジボールのところが空いているので、まずそこに行きましょう!」
先生の指差す場所にはテニスコート2面分くらいの広さに12面のトランポリンが敷き詰められていました。1面に一人以上入らないように!というルールを守りながら、ポンポン跳ねながらたくさんの柔らかいボールを投げ合います。チームに分かれて... というよりは、ただひたすら「跳ねて」「投げる」だけなのですが、これがたまらなく面白いようで、利用制限時間1時間のほぼ半分をこのコーナーで楽しみました。
「先生ー、これ持っていて下さ〜い!」
息を切らした真っ赤な顔で入れ替わり立ち代り子供たちがやってきて上着を預けて行きます。最初は恐々と跳ねていた女の子たちが跳ぶ高さも少しずつ高くなり、一人一面のルールを守りながらもあちこちの面に移動してボールを投げ続ける男子の動きもさらに機敏になっていました。
「今度はあっちに行こう!」
目指した先は、ジャンプコーナー。トランポリンで数回ジャンプして勢いをつけた後、柔らかいクッションがたくさん入っているところに飛び込みます。何度も何度も繰り返して、最後は空中で1回転してダイブできる子も出てきました。
「先生ー、面白かったー!」「ここだったら1日いたって楽しめるよねー!」「また来たーい!」
どんよりした空模様が招いたくれた雨天プランでしたが、子供たちの気分は晴れ晴れ! 午前の部、まずは好調なスタートとなりました。
ポツポツと雨が降りだした午後の部は、ショッピングモールのフードコートでの昼食で始まりました。もう何度も外出をしてきた小学生たちなので英語の注文はお手のものです。好きなお店で好きなものを買って来て、皆で楽しく食事ができました。その後は、小雨の降る中、町を散策。家族へのお土産にお茶を買ったり、映画館で食べるスナックを買ったりして小一時間を過ごした後、「不思議の国のアリス」を著したルイス・キャロルの展示があるミュージアムを訪れました。この町に住んでいたルイス・キャロルについての資料を、キシキシと音をたてる床や細くてくねくねした階段のある古い古い建物の中で見ていると、本当に「不思議の国」に迷い込んだような気分になりました。
その後の映画鑑賞では「Early Man」という原始時代の仲間がサッカーを通して繰り広げるファンタジーを見て、今度はタイムスリップ気分。 映画が終わって外に出ると雨はすっかりあがっていてトワイライトの空には星々がうっすらと浮かびあがっていました。
この日の締めくくりは小さな村にあるパブレストランでの夕食でした。天井の梁の上には古い道具や食器、スキーの板や大きな大きなノコギリまで様々なものがぶら下がっていて、部屋の中央にある皆で座った長ーいテーブルの両脇の暖炉には薪をくべた炎がチラチラと燃えている... 何だかここもまた不思議な空間でした。夢のような気分でデザートまで夕食をお腹いっぱい食べた後は、何だか皆ウトウトと眠くなってしまいました。
「さぁ、それではそろそろ帰りましょうか? たくさん楽しんで疲れたかな? 学校に帰ったらすぐに就寝にしましょう。」
が、先生の気遣いをよそに、突然また元気になる子供たち...
「帰ったら皆でゲームしようよ!」
帰りのバスの中でも、皆で歌を歌い合いながらの大合唱でした。
サイクリングはできなかったけれど、今年度最後のアウティングは、また一つ、思い出に残る楽しい一日になりました。
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop