立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 新たなるスタート、立教英国学院 第2学期始業礼拝

最近の出来事

新たなるスタート、立教英国学院 第2学期始業礼拝


イギリスの学校では新学年のスタートは9月。夏休みも後半になると「Back to School」という文字が文房具や洋服を売るお店のあちこちに現れます。でもなぜか、イギリスでは「入学式」というものがありません。なんとなく新しい学年が始まってしまいます。

イギリスにある立教英国学院は日本の学校と同じ4月始まり。桜の開花とともに入学式が行われ沢山の初々しい新入生たちが入寮します。遠方からわざわざ式に参列される保護者の方もたくさんいらっしゃって、皆で新しい門出を祝います。

そして、2学期。夏の高い空はどこへやら。すっかり涼しくなって秋の気配が漂うキャンパスは「入学式」とは程遠い雰囲気ですが、本校では2学期といえどもたくさんの新入生が入学します。今学期も中学部1年から高等部2年まで、計16名の生徒が本校での新たな生活をスタートさせました。

全寮制の本校に入学することは、学校や学習環境が変わることだけではなく、生活そのものが全く新しくなることを意味します。緊張の面持ちで学校の門をくぐったのは始業式前日の土曜日。ロンドンヒースロー空港から大型バス3台と数台のタクシーで、日本やヨーロッパはもちろん、世界各地からたくさんの生徒達が帰寮しました。新入生の保護者の方も心配そうな面持ちで付き添って来られますが、担任の先生と面接をしたりキャンパスを案内されたり在校生と昼食をともにしたりするうちに、本校の様子が少しずつ分かってきたようで、少し安心した様子でお帰りになりました......  そして新入生にとって初めての立教生活がスタート。ナイフとフォークを使ったテーブルマナーを教わりながら夕食をとり、持ってきた沢山の荷物を部屋で整理し、初めての夜を友達と過ごし... 長い一晩が明けて始業式となった訳です。

始業式では校長先生が新入生一人一人にブレザーの胸につける校章を手渡します。「先学期の新入生は37名でしたが、もう君たちは立派な立教生。今度は新入生に教えてあげる立場です。しっかり生活していきましょう。新入生諸君、最初の1週間は新しいことばかりで大変かもしれませんが、一つ一つしっかりやっていけば大丈夫ですよ。」校長先生からの励ましの言葉に、生徒一人一人が入学した時のことを思い出し、身を引き締めたことだと思います。

2学期は一番長い学期。学校行事のメインイベントであるオープンデイ(学校祭)もあります。それぞれがまた新しい自分の力を見出して一回りもふたまわりも大きくなれるような、そんな学期になることを期待しています。
最新情報
最新情報検索
pagetop