立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教特派員レポート > オーストリアの人に助けられた「スキー」

立教特派員レポート

オーストリアの人に助けられた「スキー」


「ヒュー。」
 スキー場に着き、車のドアを開けると小さな白い雪がちらちらと入ってきた。
 2015年初のスキーは、オーストリアのHochkarというスキー場に行った。今年の冬休みは、ほとんどスキーに行った。4年生のころにオーストリアで初めてスキーを体験した。そして3年後。今ではほとんど転ぶことなく滑ることができる。でも、今までに、上達するまで、何十回転んだことか。

 スキー場では、自分が滑っている前や横で転ぶ小さな子がいる。中には、スキーの板とストックが外れてしまう子がいる。そんな子がいる時、すぐに板とストックを拾って渡してあげる。3年前、スキーを始めたばかりのころは、このような行動はとれなかった。では、なぜ今はできるのかというと、こんな事が何回もあったからだ。

 オーストリアのスキー場で、スキーを始めたばかりのある日のことだった。スピードが出ていて、バランスをくずして転んでしまった。勢いがあり、板もストックも遠くに飛んでいってしまった。
 「いてててて。」
と言いながら起き上がると、周りに3人ほどの人が来て、英語で、
 「大丈夫?」
と声をかけてくれた。3年前は英語があまり分からなかった。だまっていると、もう3人ぐらいが板とストックを持って来てくれた。その3人は、僕が板とストックを着け終えるまで待っていてくれた。

 こんな事があり、オーストリアの人に助けられた。だから今度は自分が恩返しする番だと思い、助けている。
 3学期から新しい学校で生活が始まる。学校でも、だれかの手伝いができるときは、全力で取り組みたい。

(小学部6年生 男子)
pagetop
pagetop