立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教特派員レポート > 誰にも何処にもない「個性」。イギリス、イタリア、フランスを旅して。

立教特派員レポート

誰にも何処にもない「個性」。イギリス、イタリア、フランスを旅して。


2011年の春休み、私は家族でイギリス、イタリア、フランスへ合わせて10日間の旅行に行った。そこで感じたのは、その国の歴史とその国の人々が深く繋がっている、ということである。日本ではひとまとめにヨーロッパと言う。私はそのせいからか、ヨーロッパの国々は全て同じ、というようなイメージを持っていた。それぞれの国の良さを分かろうともしていなかった。その考え方が間違っていることに気づかされた。
始めにイギリス・ロンドンに行った。都会であっても騒がしさがなく、落ち着きがある町だ、と思った。晴れはほとんどなく、曇っている。でもその中に人々の温かさがあった。道を歩いていたり、店に入ると、マナーであっても、親切に私たちに接してくれた。マナー以上のことでも心がこもっている。これは素敵なことだと思った。生真面目な中に温かさがある。
イギリスの次に行ったのは、イタリア・ローマだ。ローマは常に晴れ、人々もがやがやしている。同じヨーロッパの国でもこんなに違うのか、そう思える程、イギリスとはかけ離れていた。人々はとても活発でいつも笑っている。イタリア語のイントネーションからは、個性的であり、情熱的な国であることが分かった。
イギリスにもイタリアにもない上品さがあったのが、フランス・パリである。生真面目ではないが、とても丁寧で静かだが上品な笑い、楽しさがパリにはあると思う。ひっそりしていてもその中にある美しさはどこの国にもない、フランスの「個性」だ。
ヨーロッパ、その中の国々にある「個性」。自分だけしかない個性を思う存分に伸ばしたから、そしてその個性を人と分かち合えたからこそ、イギリス、イタリア、フランスは、それぞれ違う構成を持った国になったのではないか?積み上げた歴史、過去の先には一体、どんな未来が広がっているのだろう。それをこれから作り上げていくのが、今の子供であり、それぞれの個性なのだと私は思う。

pagetop