立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教特派員レポート > 僕の住む町:いつまでも僕の中で忘れられない4年間の思い出

立教特派員レポート

僕の住む町:いつまでも僕の中で忘れられない4年間の思い出


僕は中学1年生です。今は日本に引っ越しましたが、その前住んでいたのはフランスのコルマールという町でした。人口はあまり多くはなく、パリのように有名ではありません。その代わり、「シゴーニュ」と呼ばれる鳥がきれいで、コルマールに知らない人はいないぐらい有名です。
ここには4年間住んでいました。現地校に行って初めてフランス人を見た時は、目は青いし、鼻が高くて、髪が金髪だったりしてビックリしました。日本人とは全然違い、僕は「これが文化の違いなのか?」と思ったほどです。また、僕と友達になってくれた人の名前にも驚かされました。「ジョン」や「ジョージ」というような皆がイメージするものではなく、フランス人は「マチュウ」や「イスマイル」、「カミ」とかだったので、初めはすごく言いにくかったです。また、自分が行っていた学校は新入生が入ると、学校中の人が放課後になると僕に「名前なんていうの?」と聞いてきます。多分日本人の新入生はなかなかいるものではなかったので、沢山来たのだと思います。
他にもフランスに来て分かったっことがあります。まずここでは休みが多いのです。1週間で休みは3日あり、土曜日と日曜日と水曜日です。土、日は家族で買物に行ったり、キャンプをしたりする日で、水曜日は習い事をするのです。僕の場合は野球をしていました。他の友達はサッカーやトランポリンをしていました。
もうひとつはフランスの文化祭の様なものです。このイベントでは小学生がテーマに合うコスプレをします。スポーツマンやメキシコ人のコスプレがありました。この日になると日本人は学校から場所を借りて出店を作り、集まったお金を学校へ寄付したりします。
これが僕のフランスでの4年間の思い出です。この記憶はいつまでも僕の中で忘れられないものになりそうです。今は立教英国学院というイギリスにある学校に通っています。フランスと同じようにまた楽しく、ビックリするような思い出をたくさん作りたいなと思います。
(中学部1年生 男子)
pagetop
pagetop