立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教特派員レポート > Harris Manchester Collegeのステンドグラス:「やさしい光のなかでゆっくり過ごしてみてください。」

立教特派員レポート

Harris Manchester Collegeのステンドグラス:「やさしい光のなかでゆっくり過ごしてみてください。」


私が一押しするのはOxfordのHarris Manchester Collegeのステンドグラスです。このカレッジはオックスフォードで最小のカレッジで最も寄付が少ないカレッジだそうです。街の中心に位置しています。主な出身者は酸素の発見者ジョセフ・プリーストリー、物理学者のジョン・ドルトンがいます。
ここには10代の若者から70歳のおばあさんまでが学んでいるそうです。そしてこの教会のステンドグラスです。これは1893〜1898年にかけてモリス商会によって制作されたそうです(イギリステキスタイル界の父、ウィリアム・モリスが作った)。

イエス様のデザインは首に子羊を巻いたものです。この図柄はバーン・ジョーンズという人の大ヒット作のようで、たくさんの教会で見ることが出来ます。いわゆる「良き羊飼い」ということで、歩けなくなった迷える子羊を背負って歩くイエス様のことだ、とガイドの人が教えて下さいました。
このステンドグラスには基本的な聖人は全て登場していて、関係のあるものと一緒に描かれているので、礼拝でも彼らの関係を迷うことなく聖書の内容も聞けることでしょう。
左右もステンドグラスで埋め尽くされていて、右は地球創造の話、左は「Justice」といった言葉に関係のある絵と聖書の一文が記されています。

小さいけれど三方からのステンドグラスを通した温かな光。飾りすぎではないけれど印象的なイエス様たち... 心に響く聖書の言葉の中で何か祈りを捧げられることは幸せなんだろうな... そう感じました。

皆さんも是非この教会を訪れ、やさしい光のなかでゆっくり過ごしてみてください。

(高等部2年生 女子)
pagetop