立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報各教科レポート > 〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク「チャリティー・クリスマス・プレゼント・ボックスづくり」第3回

各教科レポート

〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク「チャリティー・クリスマス・プレゼント・ボックスづくり」第3回


【第3回】スーパーマーケットにて  男子チーム編  &仕上げ

男子チームは、買い物に出かける前に、
  必ず入れるもの
  金額的に可能ならば入れたいもの
  役に立つもの
  クリスマスらしく嬉しい気持ちになるもの
などを、細かく思いを計画にして出かけました。
が、
そのメモを持っていく担当が、スーパーには違う用紙を持ってきてしまいました...

でもそこは大丈夫!
よく話し合っていましたので、みんなが買うものをしっかり把握できていました。
なかでも、ニット帽子で買える金額のものを見つけたときには、
他のものと比べて高価だったのにもかかわらず、
迷いなく購入を決めていました。
長く使えて、役立つものを、という視点がはっきりしていたからですね。
感心しました。

買い物を終えた次の授業時間に、
贈る相手のことを考えながら、ていねいにクリスマスカードを書き、
箱に詰めてきれいに包装。
女子チームが入れたものは次の通り...
  靴下2足
  小さなぬいぐるみ
  リンス・イン・シャンプー
  歯みがき粉&歯ブラシ
  ヘアゴム
  クシ
  クーピー12色セット
  ぬり絵
男子チームは...
  ニットの帽子
  小さなジェンガ
  リンス・イン・シャンプー
  石けん
  はみがき粉&歯ブラシ
  色鉛筆24色セット
  メモ帳
  チョコレート
  お菓子(SKITTLES)
12ポンド以内でうまく買いながら、ざくざく詰めました。

11月15日、クランリー教会での礼拝の前に、
担当の方に、生徒たちから渡して完了です。
渡したクリスマスボックスは、協会の方達が車でルーマニアまで届けに行きます。
輸送用の寄付2ポンド(1箱あたり)は、先生たちからの志。
「いいなぁ、こんなクリスマスボックス、私もほしいな」
小学生女の子の感想。
みんなの少しずつの気持ちが集まって、素敵なクリスマスボックスが出来上がりました。
pagetop
pagetop