立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報各教科レポート > 〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク「チャリティー・クリスマス・プレゼント・ボックスづくり」第2回

各教科レポート

〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク「チャリティー・クリスマス・プレゼント・ボックスづくり」第2回


【第2回】スーパーマーケットにて  女子チーム編


さて、スーパーマーケットにやって来た小学生達。
スーパーといっても、TESCOという、おもちゃやDVD、家電製品、衣類までそろった
英国ではおなじみの大型スーパーマーケットです。

女子チームは、リストに従ってあれこれ見ながら、決めるのにとても悩みました。

子ども用の歯ブラシにすると、かわいいし、子供の口サイズだからぴったりだけれど、
1ポンド以上もする。
大人向けの歯ブラシにすると、25ペンスで2本入りだけれど、ちょっとそっけない。
子供向け歯ブラシは3歳以下用だし...
大人向け歯ブラシにすると2本あるから長く使えるけど...
「色の組み合わせが赤と緑でクリスマスカラーだから、大人用にする」
生徒自身が考えて決定。

色鉛筆セットとぬり絵を買うときには、鉛筆削りで悩みました。
「色鉛筆なら鉛筆削りがほしいなぁ」
「でも鉛筆削りがついたものにすると、高くて他のものが買えない」
「クレヨンなら安いよ。クレヨンにしよう?」
「クレヨンは手が汚れない?」
「じゃあ、クーピーにしようよ。削らなくていいし、使いやすいし。」

9点買って、残り£1-60程度になった時、
「女の子だから、最後はクシを一本入れよう」と意見がまとまりました。
でもクシは2ポンドもする。
さて、どうしよう。
ちょっとしたお菓子でコイン型チョコレートの小袋を入れていましたが、
そこで先生の提案。
「50ペンスのチョコを返して、クシ1本を入れる、
もしくは、1ポンド程度ならボディシャンプーが買えるから、それでどう?」
悩んで悩んで、
「とりあえず、靴箱に買うものを入れてみよう」
と、スーパーの片隅で、申し訳ない気持ちにドキドキしながら買ったものを詰めると
箱一杯に。
「じゃあ、クシの方がいいよ。ボディーシャンプーは入らないし。」
「チョコレートは食べたら無くなっちゃうけど、
クシならチョコレートよりも長く使えるから、それがいい。」
と生徒たち自身が納得して、最後の1品が決まりました。
pagetop
pagetop