立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 心新たに出発しなければいけないと思わされた充実した冬休み

立教生が綴る英国寮生活

心新たに出発しなければいけないと思わされた充実した冬休み


ぼくの冬休みは、夏休みと同様留守番に始まり留守番に終わった。でも冬休みといえば、クリスマスやお正月というイベントもあり、皆がそろう事ができるので楽しみがあり、待ち遠しかった。

心待ちにしていた最初のイベントは、卒業した小学校のクリスマスオペレッタとページェントを見に行けた事だ。妹も裏方の演奏者としてフルートを吹いた。現6年生にも知った顔がたくさんあり、自分の頃を思い出したり比べたりし、校長先生や担任の先生にも会う事が出来、クリスマスをお祝いする事ができて良かった。

そして我が家のクリスマスにはツリーを飾ったりしながら、不思議とウキウキする気持ちに気付かされながら過ごした。

そしてスケート。これは毎年静岡の街の中に臨時でスケートリンクが設置されるもので、いつも

「行こうね」

と言いながら行かずに終わるパターンのところ、ようやく実現した。でも氷ではなく、プラスチックの板で少々がっかり。滑るスペースも本当のリンクに比べればとても狭く、何回か小さい子にぶつかったり、転んだりしながら楽しむ事ができた。

こんなふうに楽しみながらも、年末年始は祖父母の家へ行く為、早く、出来る限りの宿題を終わらせて行こうと、妹と競うかのように取り組むのが恒例だ。ここまで終わっていなければ連れて行かないという、これまた恒例の母からのおどしが、チクリチクリとくる。そんな中、無事に祖父母宅で過ごす事ができた。

祖父はあまりおしゃべりな方ではないが、ボソッボソッと面白いことを言い楽しませてくれる。祖母は、皆で買い物に行く計画を立ててくれたり、皆で美味しい物が食べられるようにと、色々準備して作ってくれる。年末年始は特に、日本ならではの美味しい物が食べられ、有りがたいと思う。皆で楽しい年を迎える事ができ、お墓参りや初もうでに出かけ、新たな一年のちかいを立てたり、元気に頑張れるよう見守ってもらえる事をお願いしてきた。

一月一日には少しの間だけど雪が降った。出掛けた先だったので、静岡では味わえない降り方に、思わず妹ははしゃいでしまい、帽子もかぶらず、髪がびっしょりになり、

「かぜをひくでしょ。新年から。」

と言われる始末だった。

冬休みは夏のように長くはないが、このようにイベントが多く、何よりも新しい年を迎えるという事で、心新たに出発しなければいけないと思わされる充実した休みとなった。

(中学部1年生 男子)
最新情報
最新情報検索
pagetop