立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 不意打

立教生が綴る英国寮生活

不意打


 僕は2年前に日本を離れた。イギリスでの生活が、気付けば2年目も終わり、3年目へと突入した。2年で日本へ帰国する予定だった。しかし、何も起こらない。もし日本へと帰国するなら、年度末にはその旨が伝えられるはず。だが、僕の日常に変化はなかった。これから何が起こるのか、予想すらできない。だから、普通に過ごしていられる春休みは、これが最後かもしれない。そう思い、しばらく見られなくなる近所の町を散歩した。
 
この時僕は油断していた。日本人ならば、春になると"あれ"の話題が少なからず会話やニュースの中で取り上げられる。けれども僕は、完全にその存在を忘れていた。
 
「くしゃーん」
 
人通りの多い商店街の中で、僕は大きなくしゃみを、それも故意に発したとしか思えないくらいふざけたくしゃみをした。まわりにいた人たちが一斉にこちらを向いた。優しそうなおじいさんが、"Bless you" と声をかけてくれたが、続けて襲ってきた鼻のむず痒さにお礼も言えず、2度目のくしゃみをした。僕はこの苦しさが何なのかを、この時になってやっと思い出した。実に2年ぶりの、花粉症だった。
 
思えば、日本にいたときに在学していた中学は、山の中にあった。そしてすぐそばには、おびただしい数の杉の木があったのだ。日本で最も多い、杉花粉アレルギーの方ならお分かりだろう。そう、僕は毎日通っていたのだ、無限花粉生産包囲網の中に。しかもこれが産地直送だから、もう通常の3倍くらいの量が一度に襲ってくるのである。
 
英国において、杉の花粉による花粉症はそれほど多くないらしい。しかし花粉症なのは間違いない。すなわち、原因不明なのである。正体不明の花粉は、僕への不意打を図らずも大成功させ、鼻をつまらせたあげく、のど風邪へと至らしめた。数日したら、くしゃみがせきに変わっていたとは、何とも皮肉な話だ。
 
こうして新年度に入る直前に、見事なまでにこれからの道のりの危険さを教えられたのだった。今回の件で、今年の目標が一つ決まった。地雷を避けるように、慎重に進む。そして、この荒野を無事生きて抜けることだ。

(高等部2年生 男子)
最新情報
最新情報検索
pagetop