立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > ダイアナ妃

立教生が綴る英国寮生活

ダイアナ妃




 今回のアウティングでは、最初にヴィクトリアアンドアルバートミュージアムに行って、次にアルバートメモリアルを見て、ケンジントンパレスに行きました。そしてオックスフォードサーカスからピカデリーサーカスまで歩きながら、夜ご飯を食べたり、お店をみたりしてとても楽しい1日でした。

 最初に行ったヴィクトリアアンドアルバートミュージアムでは、世界のいろいろなものが展示してありました。私が特に気に入ったのは、韓国の展示物と大きなレプリカの塔のような物です。
 韓国の展示コーナーには、すてきで少し不思議なドレスや、作るのがとても大変だけどすごくきれいな重箱のような物が展示してありました。ドレスを着てみたいなと思いました。
 レプリカの物が展示されているコーナーでは、たくさんの大きな作り物が展示されていましたが、中に入ることができる塔が、一番大きくて、デザインがとても細かくてすてきでした。
 ケンジントンパレスで気に入ったところは、ダイアナ妃が着ていたドレスと、ティアラが展示してあるところです。
 ダイアナ妃は、すてきなドレスを着てすてきなティアラをつけている、ただのきれいな人などではなく、自ら地雷原に行って地雷を探したり、当時多くの人が会おうとしなかった、エイズに感染している人に会って励ましてあげたり、いろいろな所でチャリティーをする本当にすてきな人だということを知りました。ダイアナ妃みたいに、すべての人を受け入れて、すべての人を思える人に私もなりたいと思いました。
 今回のアウティングで、ダイアナ妃のことや世界の物を楽しく知ることができてとても良かったです。

(小学部6年 女子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop