立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 大英博物館訪問〜美しく魅力的な展示物たち

立教生が綴る英国寮生活

大英博物館訪問〜美しく魅力的な展示物たち



 ロゼッタストーン、ファラオ、ミイラ......たくさんの人たちの中をすりぬけながら、私たちはそれらを見た。  高校生活初めてのアウティングで、私たちは大英博物館を訪れた。一面真っ白の大広場で解散をすると、その広間からすぐのところに本物のロゼッタストーンがショー・ウィンドウに入れられて飾られている。大英博物館の目玉なのだろう。やはり有名なだけあって人だかりができていた。その人だかりを通って、私たちはしおりを手に、目的の場所に向かった。スタンプラリーをしながら、『アウティングのしおり』のワークに書き込みをしなければならないので、ばたばたしていて見落としたところもあったかもしれないが、壁画などは本当に興味深かった。特に、惹きつけられたのはミイラだ。時間が許すならば、ずっと見ていたいほどだった。  今回はワークに指定されている通りの部屋を中心に見学をして、書き込みをしていたのだが、さすが大英博物館。広い。広すぎる。どこにどの部屋があるのかわからない。地図とにらめっこをしながら、部屋を探し当てるという感じで、ワークが完成する頃には、皆へとへとだった。あまった時間にはミュージアムショップを見たり、お土産を探したりした。そうしていると、ほのかに香る美味しそうなスイーツの香り。少しくたびれた身体を誘惑するその香りになんとか勝ちながら大英博物館の見学が終わった。大英博物館の後には、ご飯を食べたり、ショッピングをしたりして帰ってきた。  もしかするとショッピングやご飯、ロンドンの街で食べたお菓子などが印象に残っている人たちがいるかもしれない。だが、私にとっては大英博物館が一番だった。飾られている美しく魅力的な展示物たちをもっとじっくりと見たかった。大英博物館を去る時に感じた気持ちは、教室に帰ってきてからも続いている。  また何かの機会に大英博物館を訪れることができれば、今回以上に時間をかけて楽しみたい、と思う。今はその機会が待ち遠しくて仕方ない。 (高校1年 女子)

最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop