立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 〈Briefing Weekend〉イギリスの高校生と過ごした3日間

立教生が綴る英国寮生活

〈Briefing Weekend〉イギリスの高校生と過ごした3日間


夏休みが始まって一週間ほど経った頃、学校に残っていた私は東北で行われるワークショップの事前研修会に参加した。東北の方でも、日本人の高校生で事前研修会を行っていたようだが、私が参加したのは立教英国学院で行われた英国人との研修会だった。
Briefing Weekendの日の午後になると、学校ごとに続々とイギリスの高校生が集まってきた。6時の夕食時には、20名以上のイギリス人がニューホールの席に座っていた。一足先に席についていた私は、次々と現れるイギリス人たちに圧倒されてしまった。彼らは同い年とは思えないくらいに背が高く、大人びていたからだ。そして、学校の食堂で何十人もの英国人との食事は初めてだったので、更に緊張してしまった。だが、そんな緊張を全く関係ないものにしてしまうほど、彼らはフレンドリーだった。事前研修の三日間は、初対面の生徒たちと同じ部屋に泊まったのだが、初対面とは思えないほど彼女たちの話は続いていて、楽しそうだった。自分は人見知りで、国際交流をしても、会話が続かないことがほとんどだ。私は、初対面でも人見知りせずに会話を楽しめる彼女たちがとても羨ましかった。
この三日間、英国人とそれなりに話すことはできても、彼らの輪の中に入るのは難しかった。東北では、英国人と一度顔を合わせたというアドバンテージを使って、東北の高校生よりも積極的に英語を使っていきたい。そして、今度は英国人の輪に入り、彼らとの会話を楽しみたい。

(高等部2年生 女子)

最新情報
最新情報検索
pagetop