立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 2019年度入学始業礼拝を執り行いました。

最近の出来事

2019年度入学始業礼拝を執り行いました。




4月14日(日)午後3時から本校チャペルで2019年度入学始業礼拝を執り行いました。

今年度は小・中・高合わせて56名と、例年以上に多くの新入生が加わり、
立教英国学院生は169名となりました。

礼拝では、校長先生から新入生一人一人にブレザーにつける校章が手渡されます。
名前を呼ばれると、とても元気よく、「はい」と返事をしていたのが印象的でした。

立教英国学院ももうじき創立50年の節目の年を迎えます。
歴史的にも重みのある校章を受け取り、立教英国学院生の一員となった彼ら、
また彼らを大家族の一員として受け入れた在校生たち一人ひとりが、
この礼拝を通じて気持ちを新たにし、新年度をスタートさせます。

以下に岡野透校長先生からの祝辞を載せます。

ーー
新入生の皆さん、入学おめでとうございます。そして在校生の諸君には、進級おめ でとう。そして私にとっては、今ここで校長就任式があったように、この 4 月は校 長としての第一歩を踏み出す新たな挑戦の始まりとなります。君たち新入生が緊張 と不安と期待の中で今いる気持ちと同じ気持ちを私はここで味わっています。

ここ南英の地に、初代校長であり創立者である縣康先生が本校を設立したのははる か 47 年前の昔、1972 年 4 月 5 日です。その当時日本人学校の多くはまだ設立され ていませんでした。英国に日本の学校をそれも全寮制の学校をつくるという世界で 初めての斬新的で、画期的な縣先生のお考え、発想には今でも頭を下げざるを得ま せん。学校をつくる目的は二つあったと聞いています。一つは日本の次世代を担う 若者に国際的な素養を身に付けさせること、もう一つは外国で暮らす日本人駐在員 子弟のために日本のカリキュラムに沿った教育を施すために、キリスト教に基づい た教育をすることです。縣先生は日本の立教高校で校長先生をなさっていました。 この立教という学校は 160 年前に英国国教会の流れを組むアメリカ聖公会から派遣 されたチャニング M ウィリアムズ主教によって、東京築地の地に設立されました。そ の英国国教会の流れを組む立教という学校が 1972 年に再びここ英国の地に戻ってき たことに大きな意味と運命を感じざるを得ません。

この 47 年間、立教英国学院は 3000 名を超える卒業生を世界に輩出をしてきまし た。1期生の年齢は 50 代後半となり、多くの卒業生が会社、組織の中心として世界 の中で、そして日本の中で、正に国際社会の先駆者として活躍をしています。この 頃多くの卒業生が学校を訪問してくれます。これから就職を前に、転職を機に、結 婚を機に自分のパートナーに自分の母校を見せに来たり、自分の息子娘に自分が育 った学校を見せに来たり、出張の折に、そういう人生の折り目折り目の時に、多く の卒業生が本校を訪れてくれます。自分がこの学校で何を学んだのか、若い時に何 を考え何を悩んだのか、母校を訪れることで、自分の原点がどこにあったのかを確 認しに来るのではないかと思います。そしてそんな学校に自分の心の故郷を感じる のではないかと思います。

そんな立教の魅力は何なのか。はっきり言って立教には何もありません。最新の コンピューター設備もないし、日本の友達と結びつけるラインの WIFI もありません。 寮に行けば、ベッドがあるだけで、勉強机も自分のプライベイトな場所もありませ ん。でも、外を見まわして下さい、立教は豊かな自然に囲まれています。四季折々 の姿を疲れた君たちに見せてくれます。もっと大切なことは君たちは多くの仲間に 囲まれて過ごしています。古くからいる生徒は、自分が苦しい時に、悩んでいる時 に、多くの言葉をかけてもらったり、にっこりと笑いかけてもらえる仲間の存在に どれほど救われてきたかを感じていると思います。携帯もラインも使えないこの場 所で、人と人との本当の接し方を学んでほしいと思います。この立教では、ライン でスマイルマークを友達に送る代わりに、目の前の友人に直接ありがとうと言って にっこりと笑ってあげることに何十倍の価値があることを体験して下さい。

今年度は国際交流に重点を置きたいと考えています。英国にある本校が生き残る ためには英国の現地校との交流を通して諸君の英語力を高めていく道しかありませ ん。Weald School, Forest School, Royal Grammar School, George Abbot School への現地校 への短期留学、ケンブリッジ大学、京都大学、東北大学でのサイエンスワークショ ップ、UCL ロンドン大学での英国大学体験プログラム、1 月 17 日に教育連携を結ん
だ Collyers College とのスポーツ交流、文化交流、教員交流、タンザニア女性自立支 援のための Tanzania Project、ミラー先生によるリサーチプロジェクト、立教と
Collyers College ジョイントベンチャーとして、9 月 27 日には日本の大学を招待して の大学フェアの開催も企画されています。英国大学進学コースも、UCL ロンドン大 学、サリー大学との進学協定に始まり、今年度からはキングスカレッジ、レディン グ大学、サセックス大学との進学協定の締結も目指しています。年 4 回のケンブリ ッジ大学研修では、英語語学研修、ケンブリッジ大学体験、フェローと呼ばれる大 学教授が集まる部屋でのテーブルマナー教室、日本文化のルーツを学ぶ書道、華道、 茶道、三味線教室、日本文化紹介も企画されています。これらの活動、体験が求め ていることは、君たちの未知の領域への挑戦です。自分ができることの枠の中での 活動ではなく、自分ができないことへ積極的に挑戦をしていく君たちの姿を期待し ています。挑戦して、失敗して、ボロボロになって立教に帰ってくる君たちの姿を 期待しています。そこから本当の意味での勉強、学ぶということが始まると私は確 信しています。

後 3 年すると、この立教は記念すべき 50 年の誕生日を迎えます。その新たな 50 周 年を見据えての歩みがこれから始まると考えています。次の 50 年への新たな発展の ために君たちと一緒にここ立教で過ごしていきたいと考えています。

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop