立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 2018年度 入学始業礼拝の一日

最近の出来事

2018年度 入学始業礼拝の一日




4月8日(日)午後3時から本校チャペルで2018年度入学始業礼拝が行われました。

前日からロンドン入りしていた新入生とそのご家族、ロンドンの自宅からご両親と一緒に車でやって来た新入生、早朝ヒースロー空港に一人で到着した新入生...等々 正午を過ぎる頃には、この緑豊かな丘の上に広がる立教英国学院のキャンパスに小・中学生と高校生、合わせて37名の新入生が揃いました。

天気はあいにくの雨、水たまりをよけながら広いキャンパスで新入生とそのご家族を案内したのは高校3年生の先輩達でした。最上級生の証し、憧れの赤ネクタイをこの日初めて締めて身も引き締まる思いで新入生を迎えた彼らでしたが、頭の中にはきっと初めてここを訪れた時の思いが蘇っていたのでしょう、緊張の面持ちの新入生を笑顔で迎える彼ら彼女らの姿はとても輝いて見えました。
新入生の初々しさと、ここで何年も学んで生活してきた子供達の頼もしさが不思議な形で融合する入学式の日。生憎の天気にも関わらず、今年もまたキャンパスを行き交う皆んなの笑顔が印象的でした。

入学始業礼拝では、校長先生から37名の新入生一人一人にブレザーにつける校章が手渡されました。
「校章の一番上についている1972という数字はこの学校が創立された年なのですよ。」
校長先生のおっしゃる通り、本校は今年で46年目を迎えます。新入生にとっては、半世紀近くに渡り多くの卒業生を世に送り出してきたこの学校の一員となる記念すべき日だった訳です。

全寮制の学校だから、今日からは家族ともしばしのお別れ。そして新しい仲間と寝食を共にする生活が始まります。不安もたくさんあるけれど、早速大きな食堂でみんなと一緒に食事をしたり、夕食後のホームルームで新しい教科書に名前を書いたり、友達に教えてもらいながらシャワーを浴びて就寝準備をしたり... 別れを惜しみながら「頑張ってね」と声をかけてくれたお父さんやお母さんのことを考えるとちょっと胸が苦しくなるけれど、ここでの新しい生活が少し楽しみになった「第1日目」でもありました。

最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop