立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 夏休み

立教生が綴る英国寮生活

夏休み


僕は中学生になり、初めての夏休みを迎えた。家に帰る事ができるし、しかも夏休みだという事もあり、とてもワクワクした。でも帰ったのは七月上旬。妹も友達も学校。父も母も仕事。かなり残念な気持ちがした。「よし、この間に宿題を終わらせよう。」と決心したものの、なかなかはかどらなかった。これまでの3ヶ月、必ず誰かが傍にいて、一人になることなんてなかった状況から、毎日朝から夕方まで、一人で留守番するという事態に陥った。この時ほど、一人が退屈でつまらないと感じた事はなかった。

 ようやく周囲も夏休みモードに入り、僕が毎年楽しみにしている祖父母の家への外泊が近づいてきた。どこかへ旅行に行くというより、これが一番の楽しみだ。今年は、ラブラドールレトリバーが4月に13歳で亡くなってしまったし、昨年末に曾祖母が亡くなったので初盆だった。ラブラドールのブレンディーはとても大人しくて利口な犬だった。でも僕がイギリスへ行く前から少しずつ弱々しくなり、心配していたのだ。僕の入学式が済んで亡くなった。お盆の体験は初めてで、立派な盆棚で初盆を行った。そのような中、心配な出来事が起きた。祖父が初期の心筋梗塞で2回も救急車で運ばれ、カテーテル手術を3回行った。幸いすぐに退院でき、元気になったので、祖父母の家で一緒に僕の誕生日を祝ったり、花火をしたりして楽しむ事ができた。今の医療はすごいと感じた。祖母とは一緒に買い物に行き、あっという間に外泊は終わってしまった。

帰ってきた時は、日本のものすごい湿気と暑さに堪えられず、身体が変になってしまうかと思った。でもセミの鳴き声やこの暑さも日本の夏だなと心地良く感じるようになってきた。夜空にきれいに広がる花火もたくさん見ることができた。そして食べ物がおいしい。イギリスで皆と食べるのも楽しく、おいしいが、やはり家での食事はありがたいと、あらためて感じた。

 そして何年かぶりに妹と母とで、広い草地に行く機会があり、虫捕り網を使って、バッタやこおろぎをたくさん捕まえた。と言っても、僕は昆虫があまり好きではなく、足を踏み入れるたびに、ぴょんぴょんはねてくるのが、とても嫌だったが、しばらくすると、小さい頃を思い出し、少し楽しくなった。そこで、かぶと虫の卵をもらったのだが、土の中の様子はなぞである。

あっという間の2カ月だったが、これで、2学期も頑張れそうだ。
最新情報
最新情報検索
pagetop