LONDON

LONDON

自分のバスケ生活は高校までだろうと思っていましたが今回の夏休みで大学、そして社会人になっても続けよう、と思いました。そう思った過程をこの場を借りて綴らせていただきます。 今回の夏休み私はロンドン社会人チームのバスケチームに通わせて頂きました このチームは年齢も性別もバラバラ。日本人が大半です…

2010年 ケンブリッジ大学 Science Workshop 関連リンク

★★★本校ホームページ内リンク★★★ ケンブリッジ大学サイエンスワークショップに被災地域の高校生を招待   ★★★ その他関連リンク★★★ 在英国日本国大使館 京都府立洛北高等学校SSHだより第5号 京都府立洛北高等学校SSHだより第8号 …
2010年 ケンブリッジ大学 Science Workshop

2010年 ケンブリッジ大学 Science Workshop

昨年の夏ケンブリッジ大学で行われた日英高校生によるサイエンスワークショップは、イギリスではClifton Scientific TrustのDr Alboneが主催責任者となり、本校でChemistryを教えるDr. Okanoとの共同運営によって行なわれました。日英の高校生を科学という絆で結び「科…
立教歳時記 連載第7回 イワツバメ (House Martin)

立教歳時記 連載第7回 イワツバメ (House Martin)

夏を告げる鳥 イワツバメ アフリカより飛来 五月中旬、校内は色とりどりの花々が一斉に咲き始める。北国の花で知られるリラの紫、白色の花々が芳醇な香りと共に、初夏の訪れを告げる。イギリスではライラックと呼ばれ、その花の色の通り、青紫色を示す色でもある。 リラの花だけでなく、赤いシャクヤクの花…
2期生 宮原(旧姓島)さん

2期生 宮原(旧姓島)さん

21年ぶり、こちらを中1で去ってから3回目の訪問をさせていただきました。今回は長女も初めて同伴いたしました。当時と変わらぬすばらしい環境、それとは矛盾するようですが、当時に比べ驚くほど広く、充実した学校施設を見せていただき感激いたしました。自分がどれほど恵まれた3年間を過ごしていたものか、という感慨…
21期生 渡邉さん

21期生 渡邉さん

卒業以来11年振りにお邪魔させていただきました。母校の変わらない姿と温かく迎えてくださった先生方に大いに感激しました。同時に、私の在学中にはなかった施設や設備もあり、時の流れを感じました。これからも良き伝統を大切にしながら、時代に合わせて大胆に変革していくことを卒業生の一人として期待しています。あり…
ENGLAND

ENGLAND

本校教員がこの夏、熱気球に乗りました。    *   *   *   *   * 午前7時、真赤な熱気球に吊り下げられた籠がフワリと空中に浮き上がった。瞬く間に、眼下に見える、牛、羊達の姿は点のように小さくなっていく。サセックス州、フェンハーストから飛び立った熱気球は風まかせのまま、北東…
Buenos Aires

Buenos Aires

今日の気温は13℃。また寒い1日が始まる。 ここはアルゼンチン、ブエノスアイレス。 私が住んでいるのは高級住宅街にあるマンションの11階。週に1回掃除をしてくれる人がくる。その人の時給、なんと240円。 私が来亜して10日。印象はカオス。 高層マンションの道路の向かいには貧民街がある…
Cote d’Ivoire

Cote d’Ivoire

私は1歳から5歳までコートジボワールに住んでいました。 コートジボワールはフランスの植民地であったので話す言葉はフランス語、習う言葉もフランス語でした。 私はその当時は日本語と異国語の差というものにとらわれる事が無かったので、言語について困ったことはなかったのですが、「私と何かが違う誰かさん達」…
SUDAN

SUDAN

あれは私がM2の頃、初めてスーダンに住んだ時のことです。母と私はあまりの手持ち無沙汰に、近所のお菓子屋さんに行くことにしました。お菓子屋さんと言っても、日本とは違い、パン屋さんみたいな感じでした。入ってみるとあたり一面、山のように積んであるお菓子(焼き菓子)。当然知らないものばかりでした。母と私は、…