英語校外学習第3回。今回のミッションは「習った英語を実際に町で試してみる」

英語校外学習第3回。今回のミッションは「習った英語を実際に町で試してみる」

5月23日、中学1、2年生は今学期3回目の校外学習でクランレーに外出。第1回、2回で町の様子を大体把握したところで、今回は、「町の人にどんどん話しかけてみる。」がテーマ。まだ英語を習い始めて間もない生徒がほとんどでしたが、既に校内で働くイギリス人スタッフと話したり、何度かの外出でイギリスの様子も知る…
女子寮の床下に金貨? 昔ここに住んでいた方が学校を訪れました

女子寮の床下に金貨? 昔ここに住んでいた方が学校を訪れました

立教の女子寮となっている本館は、100年以上前に建てられたお屋敷です。先週、その頃に少女時代を送ったという方が学校を訪問してくださいました。その方のお名前はエミリー・ハーウッドさん。お屋敷の主人に仕えるゲームキーパー(森番、ハリー・ポッターのハグリッドですね)の娘として、森の中の家に暮らしていたそう…
「最高の天気の中でのウィンブルドンテニス観戦」

「最高の天気の中でのウィンブルドンテニス観戦」

先週の金曜日に続き、今週の金曜日も、立教生は校外にくりだしました。 ウィンブルドンのテニス観戦です。チケットの予約は取れたのか?心配ご無用です。朝5時に起きて、みんなで並ぶのですから。   バスに揺られること1時間半、住宅街を抜けて突然現れたウィンブルドンの会場前は、朝の7時前だというのに長蛇…
「雨の中のアウティング、生徒達の晴れやかな顔が一段と輝いていました」

「雨の中のアウティング、生徒達の晴れやかな顔が一段と輝いていました」

H1のアウティング。まず、向かった先は、世界最大の規模を誇り、博物館の王様と呼ばれている大英博物館。世界史の教員によって、展示物の説明を受けながら、生徒達は、しっかりと作り込まれたアウティングのしおりの中にあるワークシートに重要事項を書き込みながら熱心に観ていました。大英博物館で一番の人気は、誰もが…
ー 光化学「スモッグ」注意報 ー 第63回漢字書き取りコンクール

ー 光化学「スモッグ」注意報 ー 第63回漢字書き取りコンクール

毎年1学期と3学期に行なわれる恒例の漢字書き取りコンクールが6月13日 日曜日夜に実施されました。問題は100題。漢字書き取り問題集から92問、ウルトラCと呼ばれる難問8問。ウルトラC8題中5題は「気象に関する自然現象についてのことば」より出題されました。ウルトラCの問題を少し紹介すると、 …
小・中学生1学期アウティングーLyme Regisー数億年前へタイムスリップ、アンモナイトと過ごした1日。

小・中学生1学期アウティングーLyme Regisー数億年前へタイムスリップ、アンモナイトと過ごした1日。

今年度から始まった1学期のアウティング、小・中学生はLyme Regisという小さな海辺の町に化石採集に出掛けました。 ここ数日ぐずついた天気が続き、この日も朝から曇り空。時折小雨がちらつく生憎の天気でしたが、予定通り9時前には学校を出発。西に向かって長いドライブが始まりました。Lyme Regi…
高校2年生ギター部、初の単独コンサート!先輩や後輩達と大いに盛り上がった日曜日の午後のひと時でした。

高校2年生ギター部、初の単独コンサート!先輩や後輩達と大いに盛り上がった日曜日の午後のひと時でした。

6月19日日曜日、ギター部のコンサートがありました。 高校2年生のメンバーが初めて単独で開くコンサート。先学期先輩達と一緒に行ったコンサートとはまたひと味違った初々しいコンサートとなりました。 今学期は例年に増して学校行事が続き、練習時間も侭ならないまま本番を迎えましたが、コンサート会場になった…
高校2年生アウティング ~夏目漱石の足跡をたずねて~

高校2年生アウティング ~夏目漱石の足跡をたずねて~

6月17日金曜日。 朝起きると、今にも泣き出しそうな空模様。 「せっかくのアウティング(遠足)なのに...。」 やや残念な思いはするものの、「今日はほとんど室内だから。」と気を取り直して出発し、向かったところは、ロンドンはBATTERSEA近くの漱石記念館です。 今から約100年前、私たちと…
今学期も多くの生徒が本校で実施される実用英語技能検定とケンブリッジ英検に挑戦しました。

今学期も多くの生徒が本校で実施される実用英語技能検定とケンブリッジ英検に挑戦しました。

今学期も日本英語検定協会の実用英語技能検定試験が準会場である本校で行なわれました。15名の生徒が2級を受験した他、準2級、4級を受験した生徒もいました。 また10名の高校3年生がその前日6月11日にロンドンの本会場で準1級試験を受験しました。 本校では日本人教員による英語の授業の他にネイティブス…
ウェストミンスター寺院で行われた東日本大震災追悼式のサザーク大聖堂Ipgrave大執事によるお説教を掲載。

ウェストミンスター寺院で行われた東日本大震災追悼式のサザーク大聖堂Ipgrave大執事によるお説教を掲載。

主日礼拝で、高野チロンドンのウェストミンスター寺院で行われ、ご自身も司式者をつとめた東日本大震災追悼式についてのお話がありました。 式の中で、サザーク大聖堂のIpgrave大執事が松尾芭蕉の「奥の細道」から、立派らしいお説教をなさいましたが、その全文を本校のホームページに掲載する許可を頂きまし…