2019年度入学始業礼拝を執り行いました。

2019年度入学始業礼拝を執り行いました。

4月14日(日)午後3時から本校チャペルで2019年度入学始業礼拝を執り行いました。 今年度は小・中・高合わせて56名と、例年以上に多くの新入生が加わり、 立教英国学院生は169名となりました。 礼拝では、校長先生から新入生一人一人にブレザーにつける校章が手渡されます。 名前を呼ばれ…
Collyer’s CollegeとのResearch Project〈第2回〉

Collyer’s CollegeとのResearch Project〈第2回〉

3月5日、本校とCollyer's college の教育連携の1つであるResearch Projectの第2回目が実施されました。今回のミラー先生の授業では、12名の生徒からさらに選抜された6名が出席。それぞれのproposalに検討が加えられ、より具体的な研究テーマがそれぞれ浮かび、それに対し…
第78回漢字書き取りコンクール

第78回漢字書き取りコンクール

漢字書き取りコンクールが、去る2月10日(日)の夜に行われました。先日のセンター英語受験は中学部並びに高等部のみの開催でしたが、今回は小学部も含めた全校児童生徒が対象です。毎年恒例の行事ということもあり、学校の中では広く話題にのぼっていました。数日前からは、HRで過去問を解くクラスも見受けられ、児童…
1年振りの軽音楽部コンサート

1年振りの軽音楽部コンサート

毎学期行われる軽音楽部のコンサートですが、今年度は執行部が高校1年生で、バンドの数も少なく、なかなかコンサートが実現できませんでした。 普段から地道に練習している成果が報われないままついに最終学期になってしまいましたが、それにもめげずに練習を続けてきた努力が実り、この日曜日の午後、1年振りのコ…
中学部1・2年アウティング

中学部1・2年アウティング

「わあ。」 中央ホールに入ったとたん、ほとんどの生徒の視線は上の方向に釘付けになりました。 ロンドンにある自然史博物館を訪れると、"Hope"という名の全長25.2mもある巨大なシロナガスクジラの骨格標本が出迎えてくれます。博物館にあるものは、すでにいないもの、過去のものというイメージが…
「心の中に持つ絵画あるいは音楽」〜高等部1年生アウティング

「心の中に持つ絵画あるいは音楽」〜高等部1年生アウティング

 高等部1年生は、ナショナルギャラリーを訪れて世界の名画に触れた後、ミュージカル「ウィキッド」を鑑賞するという芸術一色のアウティングとなりました。   2月初旬、霧雨のロンドンの街は少し寒く、それでも雨にはすっかり慣れっこのロンドンの人々は傘もささずに歩いています。そして、生徒たちも小雨をもの…
ケンジントンを巡る小さな旅 小学部の3学期アウティング

ケンジントンを巡る小さな旅 小学部の3学期アウティング

 小学部はクロスカリキュラム的な学習として、総合の時間にヴィクトリア女王とアルバート公について調べ、図工ではウィリアムモリスについて学習し、動植物をモチーフにした版画を制作しています。それに関連しアウティングでは、ヴィクトリアアンドアルバート博物館(V&A)と、アルバート公記念碑、ケンジントンパレス…
高等部2年生 3学期アウティング

高等部2年生 3学期アウティング

天候、小雨のち曇。傘が必要というほどの大雨ではなく、また身が凍えるような寒さではなく、程よい冬の気温に英国らしい曇天。英国の思い出作りに相応しい天候の下、高等部2年生は、マダム・タッソー館(Madam Tussauds)を訪れました。 マダム・タッソー館は楽しいのか? 勉強になるのか? と訝し…