立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教特派員レポート > バルセロナ:自然のありとあらゆる表情を切り取ったような不思議な建築

立教特派員レポート

バルセロナ:自然のありとあらゆる表情を切り取ったような不思議な建築


僕はこの休みにスペインのバルセロナへ家族で旅行に行った。この町はサッカーチームでも有名だが、もう一つ忘れてはならないものがある。それはガウディがバルセロナに残した、独創的な建築の数々である。

中でも有名なのは、百年以上前から作られ続け、未だに完成しないサグラダファミリアだろう。今まで僕が見てきた大聖堂とは比べ物にならない程大きく、他を圧倒するような存在感だった。中に入れば幾本もの巨大な柱がその身を連ね、ステンドグラスから差し込む光が僕達を包んだ。制作に携わった全ての人々の意思を受けとったその大聖堂はこれ以上無いというような威厳を持ち、バルセロナという町の象徴に見えた。

また、僕はグエル邸にも足を運んだ。この館には、幼少期から自然に慣れ親しんできたガウディならではの工夫が内部の至る所に施されていた。階段の手すりに、窓に、壁に、天井に、自然のありとあらゆる表情を切り取ったような不思議な建築に気付けば僕は見入っていた。

僕がバルセロナで見た建築は、ガウディがそれらを通して伝えたかったうちの一部かもしれない。でも、ガウディの描いたなめらかな曲線、自然と調和した美しさ、吸い込まれるような光の表現などに僕は触れあい、無意識の内に彼が創造した世界に心奪われていた。一体彼はどれだけの人々を魅了していったのだろうか。そして、そんな彼に魅せられた人々のうちの一人になれたことに、僕は心のどこかで嬉しさを感じていた。

(高等部2年生 男子)
pagetop
pagetop