立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教特派員レポート

立教特派員レポート

学期中は英国の緑豊かな環境の中で皆一緒に暮らしている生徒達。休暇中はそれぞれの国に戻り、いろいろな体験をしています。そんな立教生の世界各地での体験談やレポートをお届けします。

ペルー

2015年12月13日 日曜日

私は高校3年の夏休みを使って、まったく知らない文化に飛び込こんでみたいという思いから、受験生でありながら、母の許可を得てボランティアでペルーへと旅立った。ペルーまでの旅は、20時間ととても長く、不安と期待でウズウズしていた。着く飛行場ごとにヨーロッパから離れて行くのが感じられ、英語さえ通じなくなって...

続き>>

生きる。そして、つなぐ。

2015年11月01日 日曜日

あの日もこんな朝だったのだろうか。晴れ渡る空の下、そこは静けさに包まれていた。今年の八月六日の広島。「70年は草木も生えない」と言われながら復興を遂げた街に、平和な世界を願う老若男女、すべての人々の祈りが広がった。あの閃光、惨状は70年経った今でも体験した人々の中に深く刻み込まれている。忘れたことな...

続き>>

第二の故郷

2015年10月31日 土曜日

今回は今、自分が住んでいるオランダについて説明しようと思う。Nederland「低地の国」これがオランダ語でのオランダ国名だ。英語では、Netherlandになる。「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」と言われるように、海岸沿いに広がる湿地を干拓することにょり、土地を広げてきた歴史があ...

続き>>

夏休み~ロンドンでバレエ公演を観て~

2015年10月10日 土曜日

私は夏休みをイギリスで過ごしました。そして、毎日バレエスクールに通いました。バレエスクールではイギリス人の方が話しかけてくれるので、とても勉強になりました。また、日本人の方と会うこともできました。観劇もたくさんしました。観劇した中で最も印象に残っているコンサートについて書きます。 バレリー...

続き>>

夏休みの思い出

2015年10月08日 木曜日

 私はお盆休みに東京スカイツリーを見に行きました。上野から専用シャトルが出ているのでそれに乗りました。夏休みということもあり日本人の他に外国の人が大勢来ていました。スカイツリーは地上29階で高さ634メートルの電波塔兼用、展望台です。 全体敷地面積も約3500平方メートルと広いらしく、入口の一階に着...

続き>>

消えない赤を心に

2015年10月03日 土曜日

 ガシャン。僕達を放り投げるように扉が開いた瞬間に、熱風と胸におさまりきらないザワザワと、そして赤、赤、赤!見わたすかぎりの赤に包まれる。ちょうど、広島の野球チームの試合が終わったらしい。目の前には地球の人口の半分じゃないか、と思ってしまうような赤がたくさんいる。なんだか、自分がとても小さくて、赤に...

続き>>

エディンバラを訪ねて

2015年09月28日 月曜日

私は夏休みにスコットランドのエディンバラというところに行きました。エディンバラにはエディンバラ城というイギリスの中でも有名な観光地があります。おそらく普通のエディンバラに行ったらその城に行くと思いますが、私は行きませんでした。なぜ行かなかったかというと、エディンバラの街並みを満喫したかったからです。...

続き>>

私たちからも歩み寄ろう

2015年09月24日 木曜日

 この夏、出会ったばかりの人たちとCMを作った。CMといっても、角度を変えたり撮る場所を変えたりはしていない。生放送のような固定カメラだ。そしてCMは普通15分30秒だが今回は1分程。短い時間で伝えたいことをしっかり伝える、これが目的だ。 4人グループで一つのCMを作った。伝えたいことは、「私たちか...

続き>>

ハワイに行った夏休み

2015年09月09日 水曜日

家族4人で旅行に行くのは3年ぶりだ。そこで今回は、のんびりハワイでバカンスを過ごすことにした。滞在したのは、オアフ島のカハラという静かな所だ。久しぶりにハワイに来て、早く泳ぎたくてうずうずした。しかし、僕はその次の日に熱を出してしまった。やっと海に入れると思ったのに残念だったのだが、母が薬を持って来...

続き>>

広報部より:ウィンブルドンテニスレポート

2015年08月12日 水曜日

前日の夜は早起きに備えて20時30分就寝で、ウキウキして眠れなかった人は出発前の午前5時の教室でボーっとしていて、対照的に期末で疲れてぐっすり眠れた人ははしゃいでいました。ホームルームで先生にお小遣いとして100ポンドも配られて「大金だー!」と叫んでいる人もいました。バスに乗ると「何分くらいで着くの...

続き>>

広報部より:意外な発見があった高2のロンドン訪問

2015年07月01日 水曜日

今回新高2の初めてのアウティングは、ロンドンのナショナルギャラリーでした。高2になると新入生も少なく、中学からいる生徒は何度も行ったことがあるということで、もっと違うところに行きたいというのが本音でした。私は中学のときに見に行って、特に暇だった記憶しかなかったので、「もういいよ、絵なんて見たってつま...

続き>>

広報部より:高校生として初めてのロンドン訪問

2015年06月30日 火曜日

高等部1年 アウティング今年の高1はアウティングでUCLと大英博物館に行きました。UCLは、今年、立教英国学院と提携を組んだ大学であり、立教からの進学ルートができた大学です。なので、UCLとは、どんな大学なのかという講義を受けに行きました。「UCLに行く」と最初に聞いた時、クラスの大半は「えっ、、、...

続き>>

貴重な体験

2015年06月27日 土曜日

 ハーフタームに、フランスの家のとなりの川を船が通りました。 フランスでは、大きな船を買う人がいます。そこに、住所をもって、船の中に住む人もいます。そういう船が、家のとなりの川に、たくさん止まっています。その船が動いていました。 その川を少し進むと、川の高さが変わっているところが三か所ありました。そ...

続き>>

東京の空

2015年04月23日 木曜日

春休みにスカイツリーに行った。スカイツリーは日本一高い電波塔で、その高さはなんと634メートルもある。私は今まで東京に住んでいながら、そこを訪れたのは初めてだった。スカイツリーの完成からまだ数年しか経っていないが、そこは東京で一位、二位を争う観光地になっていたと感じる。展望台のチケットを買う行列は予...

続き>>

オランダの光の巨匠 ~マウリッツハイス美術館とフェルメール~

2015年03月25日 水曜日

クリスマスが終わり、新年を迎える前のなんとなくソワソワした気分のある一日。オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館へ行きました。この美術館にはフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」という絵があり、たくさんの人がこの絵を見にここへやって来ます。以前私がアムステルダム日本人学校の校外学習でデン・...

続き>>

社会学習を通して

2015年03月23日 月曜日

この春休み、私は父の勤めている会社でアルバイトをしました。朝早く起きて会社へ行き、いくつかの雑務をこなして夕方に帰る。そんな生活を二週間、過ごしました。父が勤めているのは車の部品会社なので、いくつかの工場が隣接しています。アルバイト初日には工場見学もあり、様々な機械がせわしなく動いて部品を加工してい...

続き>>

二十世紀最大の画家 -ピカソの罠に気づいた時-

2015年03月15日 日曜日

今回、スペイン旅行に行き、たくさんのピカソの絵を見てきました。最初に行ったのはピカソ美術館。その名の通り、ピカソの絵がたくさん鑑賞できる美術館です。そこでは、ピカソの絵が時系列に並んでおり、ピカソの絵の作風の変化が目に見えて分かるようになっています。ピカソは美術の先生の父を持ち、小さいころから美術と...

続き>>

日本航空の工場見学

2015年01月26日 月曜日

 ぼくは、この冬休みに日本航空の工場見学へ行って来ました。以前から一度行ってみたいなあと思っていたので、とても楽しみでした。 待ちに待った工場見学の日。心配症のぼくは、集合時間よりもとても早く日本航空の工場に着いてしまいました。しかし、早く着いたおかげで、羽田空港から離陸していく飛行機をとても間近で...

続き>>

オーストリアの人に助けられた「スキー」

2015年01月25日 日曜日

「ヒュー。」 スキー場に着き、車のドアを開けると小さな白い雪がちらちらと入ってきた。 2015年初のスキーは、オーストリアのHochkarというスキー場に行った。今年の冬休みは、ほとんどスキーに行った。4年生のころにオーストリアで初めてスキーを体験した。そして3年後。今ではほとんど転ぶことなく滑るこ...

続き>>

シンガポール、日本、そしてイギリスの「冬」

2015年01月24日 土曜日

 寒いイギリスから約13時間のフライトを乗り越え、着いた国はシンガポール。生まれて初めて暖かい国で「冬」を迎えるのはとても変な感じがしました。ヨーロッパではなかなか見られない不思議な色を組み合わせた数々のクリスマスオーナメントが町のあらゆる所に飾られていて、とても面白かったです。 こんな暑い中クリス...

続き>>

違う風景

2015年01月23日 金曜日

朝、とても肌寒く感じて目が覚めた。朝日の昇りはじめた窓の外を見ると、雪が降っていた。中欧では当たり前の景色だったが、その時の僕にとっては、この雪がとても特別なもののように思えた。タイミングを逃しちゃダメだ。そう思った。なんのタイミングかもわからないまま着替えると、カメラを手に家を一人飛び出して行った...

続き>>

人生最後の南米旅行

2015年01月18日 日曜日

冬休み。僕がブラジルに帰る最後の休みだ。春には日本への本帰国が決まっている。外国に居住している間、休暇の時には毎回旅行をしてきた。もしかすると、これが家族との最後の旅行になるのかもしれない。今回は6泊7日でブラジルの隣国、アルゼンチンへ渡った。南米のパリと呼ばれる、アルゼンチンの首都、ブエノスアイレ...

続き>>

pagetop