立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教特派員レポート

立教特派員レポート

学期中は英国の緑豊かな環境の中で皆一緒に暮らしている生徒達。休暇中はそれぞれの国に戻り、いろいろな体験をしています。そんな立教生の世界各地での体験談やレポートをお届けします。

地中海をものすごい高さから眺めることが出来たマルタ旅行

2012年09月29日 土曜日

人生で初めてイギリスで迎えた夏休みは、とっても内容の濃い夏休みとなりました。ロンドンに行って友達と会ったり、海外旅行に行ったり、オリンピックに行ったり。その中でも一番印象深かったのは「マルタ旅行」でした。マルタ島というのは地中海に位置している島で、夏はとても温暖な気候で魚や貝などを中心とした料理が豊...

続き>>

被災地の子供たちとの交流会 ー「毎日を精一杯、力の限り生きていると感じさせる何かがあった。」

2012年09月23日 日曜日

夏休み。友達と遊びに行ったり、普段出来ないことの出来る期間。今年もその夏休みがやってきた。しかし、今回は少し違った。近所に友人がいないため、一緒に遊びに行ったりすることができない。そのため、必然的にコミュニケーションをとる相手は親兄弟のみに限定される。そんな中、8月4日が訪れた。せっかくイギリスにい...

続き>>

花火 ー「時代は変わっても、変わらない思いと情熱がある。」

2012年09月22日 土曜日

 今年の夏は横浜花火大会を見に行った。花火が打ち上げられる2時間前にも関わらず、公園は多くの人で賑わっていた。 公園内に打ち上げ開始を告げるアナウンスの声が響き渡ると、夜の空に、次々と花火が打ち上げられ、暗く、静かだった空に、美しい色とりどりの花を咲かせていった。そこにいた誰もが、その美しさに感嘆の...

続き>>

「遠い」を「近い」に:エイズ孤児問題の改善に取り組むNGOのPLASという団体を訪問して。 

2012年09月20日 木曜日

  昨年に引き続き、シャプラニール主催の中高国際フォーラムに参加しました。昨年は政府の開発途上国支援を実施する機関、JICAというNGOの団体を訪問しました。今年はウガンダ、ケニア共和国を中心に、エイズ孤児が直面している問題の改善に取り組むNGOのPLASという団体を訪問しました。  エイ...

続き>>

2ヶ月の夏休みを過ごして「印象深かった被災地の中学生達との交流会」

2012年09月19日 水曜日

私は2学期が始まった今、今年の夏休みは充実していたのではないかと思う。休みが始まった週にはホームステイをし、ロンドンの家に帰ってからは、久々に中学時の友達と会ってお互いの事をいろいろ話したり、生のオリンピック観戦や被災地の中学生との交流会、家族旅行に語学学校... 今回は、その中で特に印象深かった被...

続き>>

選手の奥に秘められているもの〈ロンドンオリンピック男子テニス決勝〉

2012年09月17日 月曜日

電車に揺られ、45分。降りた駅のホームの地面は、緑地に白い線。それが何を指しているか分からず、5歩進み、また振り返り少し遠くを見て、ようやく分かった。テニスコートである。 私は、ウィンブルドン男子シングルス決勝を観るため、最寄りの駅で降りた。駅のホームから、ウィンブルドンをイメージさせるた...

続き>>

近隣の町レポート:イギリスで一番大きな村、Cranleigh (クランレー)

2012年08月19日 日曜日

クランレーはCRANLEIGH。立教に在籍したことがある生徒ならば、一度は行ったことがあると思います。クランレーは「the biggest village in UK(イギリス一 大きな村)」...自称ですけれども、なんとも微笑みがもれるサイドネームです。イギリス一大きな村でも、メインストリート(英...

続き>>

London Olympic 聖火リレー:立教生がShoppingに行くGuildfordの町を駆け抜けて行きました。

2012年07月23日 月曜日

生徒たちがショッピングでよく行くGuildford(ギルフォード)。ロンドンへ通勤する人も住む、この辺りでは一番大きな町で、学校からは車で20分程のところ。ここに今日7月20日にロンドンオリンピックのトーチ(聖火)が来た。数日前からイギリス中をまわって来週から始まるオリンピック開会式の聖火台に灯され...

続き>>

イギリスとアルゼンチンに住んで気づいたこと ~世界の人々が仲良くなることを願って~

2012年05月22日 火曜日

 みなさんは、「フォークランド紛争」という紛争を知っていますか。この紛争はイギリスとアルゼンチン間で行った三十年前の紛争です。日本に住んでいたら私も絶対に知らなかったと思います。しかし、学期中をイギリスで過ごし、休みになると家族の住むアルゼンチンに帰る私にとってこの紛争は他人事ではありません。  ...

続き>>

長野の山の雪化粧

2012年05月11日 金曜日

 「休みはどうだった?」そんなことを聞かれても僕は困ってしまう。というのも、僕は長野県に住んでいるのだ。それに加えて田舎だし、東京に行くのにも4時間もかかるのだ。こんな不便な所に住んでいる僕だから家にいるより学校に早く帰りたいという気持ちの方が強いわけで、春休みはとても楽しい!ということはほとんど無...

続き>>

広島・長崎に行って、人が幸せになるために役に立てるような人になりたいと思うようになった。

2012年05月04日 金曜日

 私は春休みに広島、長崎に行った。第二次世界大戦の終盤、世界で初めて原爆が落とされた地である。以前、広島に行ったことはあったものの、中々原爆が落とされて、そこで何が起こったのか、受け止められずにいた。今回広島・長崎に行き、色々なことを感じた。そしてこのことを忘れてはいけないと思った。  始めに行った...

続き>>

ドイツに7年住めたことを誇りに思う。今度はイギリスという地で新しい生活を楽しみたい。

2012年04月24日 火曜日

僕は7年間ドイツで暮らしてきた。小3から中3までずっと住んでいたので、日本よりも僕にとっては感慨深い場所だ。日本と比べてみると様々な場面で違って見えてくる。 1つは目上の人への礼儀正しさだと思う。普段はいろいろなところでルーズなドイツ人だが、年上の人が話し始めると腕を後ろで組み、静かに聞いている。切...

続き>>

冬休みの作文:「冬休みの思い出」おおみそかに無料でくばり続けた甘酒

2012年01月26日 木曜日

 私の冬休みの思い出は、二つあります。まず一つ目は、バスケットボールの試合を観に行ったことです。私は、四年生の時に初めて地元のバスケットチーム『リンク栃木ブレックス』の試合にお父さんと一緒に行きました。バスケット選手たちがシュートを軽々と入れるのを目の前で見てそんな選手たちにあこがれてバスケット観戦...

続き>>

冬休みの作文:「初めてのスキー」ゲレンデは見たことのないような絶景が広がっていました。

2012年01月25日 水曜日

 私は、12月24日から28日までフランスの「シャモニーモンブラン」という場所で、家族とスキーをしてきました。私はスキーを一度だけやったことがあるのですが、三年前のことなので止まることぐらいしかできませんでした。また、兄は今回が初めてだったので二人で一日だけ、スキー教室に入りました。 スキー初日、ゴ...

続き>>

冬休みの作文:「昨年とは違うクリスマス」三回のクリスマス礼拝に行きキリスト教への気持ちが変わった。

2012年01月24日 火曜日

 私は23日、24日、25日と立教新座キャンパスにある聖パウロ教会で行われたクリスマス礼拝に行きました。私の両親はここ数ヶ月教会に通っていてこのクリスマス礼拝にも行くことは知っていたのですが、どんなものなのかわからず、すごく楽しみでした。23日はキャンドルサービスというたくさんのキャンドルに囲まれな...

続き>>

冬休みの作文:「冬休みの思い出」今年の正月はとても静かに楽しく過ごすことができました。

2012年01月22日 日曜日

今回の冬休み中には、休み前に行った担任の先生との個人面接での話し合いをもとに、英語の長文問題とリスニングのトレーニングを中心に行いました。長文問題については、中学生時代に通っていた塾の問題集やテキストが大量に眠っていたのを発見したので、(結果的に、通算一週間分ほどやり過ごしてしまったのですが)一日一...

続き>>

冬休みの作文「年の瀬と新年の雑感」今年も皆が笑っていられる良い年になりますように。

2012年01月14日 土曜日

 僕の2011年の大晦日は、こたつに入ってチャンネルを紅白に合わせて、あまり興味のないアーティストをぼーっと見ながら、頭の中ではこの一年を振り返る。そしてその中でも楽しかったことばかりを思い出しながら、年越しそばを食べつつ、好きなアーティストが出演するのを待つ。そんな年越しだ。もしくは、年越し気分も...

続き>>

冬休みの作文: 「届ける気持ち」祖母との温かい心の結びつきを感じられました

2012年01月13日 金曜日

 今回帰国してみると、祖母が外出先で転び右腕を骨折しており、痛々しい姿で腫れ上がった右腕を吊っていることに驚かされました。知らせてもらっても何か出来る訳ではなかったのですが、祖母は心配を掛けるから連絡はしなくていいと言ったそうです。離れて住んでいるため年に数回しか会わない祖母がそんなに私を思ってくれ...

続き>>

冬休みの作文:「馬車に乗って」イギリスで過ごした初めての冬

2012年01月12日 木曜日

 僕は、イギリスで過ごす初めての冬に色々な体験をすることが出来ました。その中でも一番印象的だったのが「馬車」に乗ったことです。 幼い頃から大の馬好きだった僕は、馬の模型などは沢山持っていましたが、日本では馬に乗る機会がなかったので馬車に乗れると聞いた時はとても嬉しかったです。いざ馬を目の前で見ると予...

続き>>

pagetop