立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報各教科レポート > HATCHLAND PARKの黒と金の音色〈中学部2年生フィールドワーク〉

各教科レポート

HATCHLAND PARKの黒と金の音色〈中学部2年生フィールドワーク〉





各学期ごとに中学2年生以下の学年はイギリス南部の何処かでフィールドワークを行います。
前日にクランレー村に出て、初夏の陽気の中でフィールドワークを行った小学5年・6年生と中学1年生。
翌日には中学2年生が、ナショナルトラスト管理のハッチランド・パークへ学習に出かけました。
館はレンガ色のすっきりとした建物。緑色の芝生に囲まれて、広大な敷地が広がります。
 
お屋敷の持ち主は様々に変わっています。
海軍提督が持ち主であったこともあれば、東インド会社に勤めていた人物が住んでいたこともあります。
一時は女子校だったことも。
敷地内には手入れされたブルーベルの森があって、今シーズンの目玉です。
 
おもしろいのはCOBB氏という人物による様々な鍵盤楽器のコレクション。
ピアノもあれば、ピアノ以前の鍵盤楽器も豊富です。
マリー・アントワネットのピアノあり
金箔に美しい彩色のハープシコードあり
一見鍵盤楽器に見えない隠れ楽器あり
長持型の鍵盤楽器も(チャールズ2世が旅行用に持ち運びできるよう改造したんですって!)
三日月型の鍵盤楽器も
ペダルが6つもあるピアノ
黒光りする鍵盤に、金色の黒鍵が見事なパイプオルガン
最後にお目見えしたのは、ショパンの弾いたピアノでした。
ご本人もピアノに造詣深かったというCOBB氏。
屋敷を彩る鍵盤楽器の数々に、おもわず目を奪われました。
金箔彩色のハープシコードは、当日職員の方が一曲弾いてくれるラッキーな一幕も。
細くて軽い、こぢんまりとした美しい音色です。
(実は予習で、CDを聴いていたのですが!)
 
部屋を一つ通過するたびに熱を帯びてゆく生徒たち。
ワークシートはちょっと大変でしたけど、
各部屋に待機したガイドさんにたくさん話しかけ、
たくさん教えてもらって、本当によくがんばりました。
「このガイドさんの英語は私にはちょっと聞き取りにくい。隣の部屋のガイドさんに聞いてきますっ!」
「シェークスピアの肖像画がどうしてあるの?」
「あの黒い鍵盤のオルガンきれい!気に入りました。」
 
ロンドンやケンブリッジ、カンタベリー・・・有名な都市もいいけれど、
南部の地元ならではの良いところもたくさん見て、イギリスを知ってもらいたい。
その熱意で選んだ場所で、生徒たちが興奮してくれると、企画した先生方もとてもうれしいです。
 
ワークが終わるとそのまま帰る予定でしたが、
「先生、あの黒と金の鍵盤のパイプオルガンのポストカードがどうしても欲しい」とある女生徒。
お屋敷内は写真撮影禁止だったのです。
駄目がもともとで聞いてみたけれど、やっぱり撮影は遠慮して欲しいんですって。
写真がどうしてもほしい女生徒に引きずられて、一同、ギフトショップ内でポストカードを探すことになりました。
 
「先生、ハーフタームのホームステイ中にまた行けるかな。ホストファミリーに頼んだら、一緒に連れてってもらえるかなあ?」
ちゃんと説明すれば、行けますよ、きっと。
近くにはCLANDON PARKというお屋敷もあるから行ってみては?
先生方はハーフターム中、次の候補地を見学に行ってきます。
2学期もお楽しみに。
 
イギリスを訪れる皆さん、都市の観光もいいけれど、
カントリーサイドに保護されている、ナショナルトラストの遺跡や邸宅、自然もいいものです。
これからベストシーズン。ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。
pagetop