立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報各教科レポート > イギリスの町 初体験!:中学校1年生 英語科フィールドワーク at Cranleigh〈1学期 第1回〉

各教科レポート

イギリスの町 初体験!:中学校1年生 英語科フィールドワーク at Cranleigh〈1学期 第1回〉





2年前から中学校1、2年生の英語の授業に取り入れた校外学習。今年も毎週1回のペースで地元の町Cranleighに外出しています。中学校1年生の大多数にとって海外での生活はこれが初めて。入学していきなりイギリスの町を訪れた時は新しい発見ばかりでした。英語はほとんど初心者ですが、生の英語が自分の周りで「使われている」ことを体感するだけでも大収穫でした。

毎回2人のペアに分かれてその日のタスクを約20分でこなします。最初のタスクは町の地図作り。とにかく町を歩き回って道を確認、そしてお店や公共施設をその地図に記していきます。お店の種類が分からないときは、建物の看板や掲示板の英語をノートに書き写します。学校に帰ったら辞書を使って調べてみましょう、ということでとにかく目に入った英単語をノートに書き写していきました。まずはアルファベットの練習です。
あるペアはお店の看板が見つからず、中に入って店員さん?に聞いてみたとか...「バンク?!って言ってました。」
「銀行!」お店ではなかったですね、さすがに見ただけではわからないかも... でも片言の英語でも使ってみようという勇気には脱帽。英語が上達しそうな予感がしました。

英語学習の刺激になっただけでなく、日本とイギリスの違いを至る所で見つけることが出来た生徒たちは、貴重な異文化体験を早速味わうことができました。そんな彼らの感想をご紹介します。

     *     *     *     *

この町にはおいしそうな喫茶店と洋服屋さんがいっぱいありました_(^_^)
同じ物どうし売っているところがありました。それを見て同じもの売っていて意味あるのかなぁと思いました。
町にはたくさん車がとまっていました。にぎわってるなと思いました。この町にいると便利そうです。
町を歩き回っていると !!!きれいな家を売っている物件やさんがありました。こんな家に将来すみたいなと思いました(*_*)
最初パン屋さんだと思ったお店が なんと!!!!お肉屋さんでした。薬屋さんが3つもありました!!!!!

初めて行ってみての感想は、ちょっと時間が短く、あまり「地図作り」が進みませんでしたが、クランレーという町は1本の道に小さい店が密集していて、道路は、車の場合交差点のところに丸い円が描いてあり同じ方向にしか進めないようになっていたり、車を停めてはいけない場所にはぎざぎざがあったり日本とは違うところがたくさんありました。

日本の私の家の近くに似ているような感じがしました。なぜなら、町の車の中の人がとても優しかったからです!そして、町並みのにぎやかさも良かったし、お店の雰囲気も似ていました! でも、時間が足りなかったです。次回も、この続きからがんばります。 
裏道に出てスーパーに早く行ける道が見つかったので良かったです! 初めてのイギリスの町並み本当によかったです!

pagetop