立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報各教科レポート > 〈社会科〉2015年度 3学期の小学生フィールドワーク「ギルフォード と 不思議の国のアリス のなぞに迫る!」

各教科レポート

〈社会科〉2015年度 3学期の小学生フィールドワーク「ギルフォード と 不思議の国のアリス のなぞに迫る!」





小学生の合同社会の授業のテーマは「英語を使って取り組もう」にレベルアップ。
3学期は、英語のガイドさんのお話を聞きながら、ギルフォードを散策しました。
テーマは、「ギルフォード と 不思議の国のアリスの謎」
立教最寄りのギルフォードの街は、アリスと不思議な関係があるのですよ。
皆さん、知っていました?

外出の前に、ディズニーの「不思議の国のアリス」を見て、しっかり予習。
基礎情報もしっかり学習。

★作者の名前は?  ...ルイス・キャロル(本名も学びました。チャールズ・ドジスン!)

★ルイス・キャロルってどんな人?  ...オックスフォード大学の先生。担当は数学なり。

そこまで叩き込んだら、さあ、ギルフォードへゆこう!
おだやかな英国紳士のガイドさんに連れられて、1時間ギルフォードを散策。
ギルフォードの隠れたアリス像に案内してもらい、なんとルイス・キャロルが住んだという家を訪ねたり、ルイス・キャロルその人が立ってお話をした、教会にも立ちました。

「ルイス・キャロルが立った場所に、自分も立っているんだ...」感慨深いですよね。

「ねぇ、その説教台の下に積んである小石はなんなの?」と小学5年生。ちょっとしたことにも興味を発揮。「...これはたぶんユダヤ教の人々だと思うんだけど...」と、豆知識も教えてもらいました。
どうしてルイス・キャロルがギルフォードにいたのか、アリスのお話とギルフォードの関係もきけました。そして「ルイス・キャロルはギルフォードで亡くなったんだよ。お墓はあの丘の向こうだ。」と。そ、そうなんだ!びっくりしました。

ガイドさんは熱が入り、小学生のみんなにずいぶん詳しいお話をして下さいました。ちょっと集中力が切れながらも、がんばって歩き回りました。

どんな関係があったか、詳しくはここでは秘密です。皆さんもギルフォードを訪ねてみてください。ガイドさんと一緒におしゃべりしながら回る散策はきっと楽しいでしょう。
pagetop
pagetop