立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 各教科レポート

各教科レポート

各教科のプロジェクトや学習の成果の発表など、本校の様々なカリキュラム活動をご紹介するページです。

〈国語科〉読書感想文受賞作品「『モモ』を読んで」

2015年12月25日 金曜日

時間、それは、人間が人間らしく、豊かに生きることを可能にしてくれる、人生というものの、原料であると思いました。 私が、今回読んだ「モモ」は、年齢もどこからやって来たのかもわからない、不思議な才能を持った女の子が、人々から時間を盗んで生きている集団、灰色の男たちから、大人たちの盗まれた時間を、愛と勇気...

続き>>

〈国語科〉読書感想文受賞作品「李陵を読んで」

2015年12月24日 木曜日

 「人間という生き物は、どうしてこんなに単純で、自分勝手なのだろう。」 時は天漢二年、現在の中国が漢だった頃のこと。騎都尉・李陵が当時度々漢に侵略していた匈奴を征伐しに行くところから話は始まる。李陵は自分の率いる兵の数百倍も規模が大きい匈奴軍相手に善戦するが、最後は兵力、さらには自分の矢さえ尽きてし...

続き>>

〈国語科〉読書感想文受賞作品「とても長い短編『トロッコ』」

2015年12月23日 水曜日

 芥川龍之介の『トロッコ』では、主人公の良平が鉄道建設のためのトロッコを通じて冒険を繰り広げ、短編でありながら密度の濃い物語となっている。私はこれを読んで、人生の縮図を見出した。 最初、良平は連れと共に以前から興味のあったトロッコに乗って遊んでいて、土工に怒鳴られてしまい、それがある種のトラウマのよ...

続き>>

〈国語科〉読書感想文受賞作品「やろうと思ってもできない世界」

2015年12月22日 火曜日

ぼくは、「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」という本を選びました。ぼくはなぜこの本を選んだかというと、大統領がなぜ貧しいかが不思議だったからです。ぼくのイメージでは、ふつうは大統領はお金持ちだと思ったからです。だから「貧しい」という意味を調べてみました。調べてみたら、生活が苦しいや心が満たされて...

続き>>

〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク「チャリティー・クリスマス・プレゼント・ボックスづくり」第3回

2015年12月19日 土曜日

【第3回】スーパーマーケットにて  男子チーム編  &仕上げ男子チームは、買い物に出かける前に、  必ず入れるもの  金額的に可能ならば入れたいもの  役に立つもの  クリスマスらしく嬉しい気持ちになるものなどを、細かく思いを計画にして出かけました。が、そのメモを持っていく担当が、スーパーには違う用...

続き>>

〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク「チャリティー・クリスマス・プレゼント・ボックスづくり」第2回

2015年12月17日 木曜日

【第2回】スーパーマーケットにて  女子チーム編さて、スーパーマーケットにやって来た小学生達。スーパーといっても、TESCOという、おもちゃやDVD、家電製品、衣類までそろった英国ではおなじみの大型スーパーマーケットです。女子チームは、リストに従ってあれこれ見ながら、決めるのにとても悩みました。子ど...

続き>>

〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク「チャリティー・クリスマス・プレゼント・ボックスづくり」第1回

2015年12月16日 水曜日

【第1回】買い物に行くまで皆さんは靴の空き箱につめた、クリスマスプレゼントというものを知っていますか。教会のチャリティー活動のひとつに、それがあります。靴箱はそこそこの大きさのものが入って、しかも角形で丈夫。その靴箱に、様々なものを詰めて、クリスマスに贈るのです。地元クランリー村には、Childre...

続き>>

〈社会科〉2015年 2学期の小学生フィールドワーク

2015年11月30日 月曜日

クランレー村で鶴探し『クランレー村の鶴探し』ワークは、去年の小学生も取り組んだ『探しもの』タイプのワークです。『鶴探し』といっても、クランレー村に鶴がバサバサと舞ってはいません。『鶴のロゴ』があちこちに見られるのですよ。訪れたら、こぎれいで明るい村を歩きながら、上に下に目をやって探してみて下さい。屋...

続き>>

永遠のゼロを見て<聖書>

2015年10月29日 木曜日

今学期、聖書の授業で「永遠のゼロ」という戦時中の日本を描いた映画を見ました。特にこの映画では、「特攻」に焦点をあてたものでした。「特攻」特別攻撃隊。体当たり攻撃隊。第二次世界大戦中、通常攻撃では戦果が期待できず、もはや戦争継続能力を失いつつあった日本の狂気の手段。特攻の成功=自分の死。片道分の燃料し...

続き>>

聴くこと 信じること〈林 和広 チャプレン〉

2015年07月14日 火曜日

 今年は終戦70年目という節目の年を迎えましたが、終戦から数年後、英国でひとつの名作が誕生しました。それはC.S.ルイス(1898-1963)による「ナルニア国物語」です。第二次世界対戦中、オックスフォード大学モードリン・カレッジの特別研究員として活動していたルイスの家には数名の疎開児童たちが住んで...

続き>>

社会科フィールドワーク(Shalford Mill)

2015年06月21日 日曜日

 先日、中学1、2年生は社会科のフィールドワークでシャルフォード・ミル(Shalford Mill)に行ってきました。シャルフォード・ミルは学校近くのシャルフォード村にある18世紀に出来た粉挽き所であり、かつては付近一帯の小麦を挽いていたほど栄えていた所です。粉挽きの機械のしくみを観察して当時の機械...

続き>>

2015年度 小学生の合同社会 ②

2015年06月04日 木曜日

** 小学生は週に1回、5・6年生合同の社会の時間があります。** この時間は校外へ外出し、様々なテーマでワークをします。** 1回フィールドワークをすると、次の1時間はまとめの時間です。   *   *   *   *第2回は、さっそく英語を使うワークです。ずばりテーマは「英語をつかって、手紙を送...

続き>>

2015年度 小学生の合同社会 ①

2015年06月03日 水曜日

** 小学生は週に1回、5・6年生合同の社会の時間があります。** この時間は校外へ外出し、様々なテーマでワークをします。** 1回フィールドワークをすると、次の1時間はまとめの時間です。   *   *   *   *第1回フィールドワークは、最寄りのクランレー村を探索です。ワークシートに与えられ...

続き>>

「挫折の向こうにある喜び」〈林 和広 チャプレン〉

2015年03月21日 土曜日

 少し肌寒いながらも晴天に恵まれた三月七日、本年度の卒業式が行なわれまました。43名の高校三年生が本学院を旅立ちました。今回で二度目の卒業式礼拝の司式をさせて頂きましたが、その中で印象に残ったのは本学院理事である今井理事(伊藤忠欧州会社社長)の祝辞でした。学生時代にフランス留学をし、長年、仕事を通し...

続き>>

国語科:中学部1年生 「初めての漢文」故事成語を使って体験文!

2015年03月01日 日曜日

3学期、中学部1年の国語の授業で漢文の「矛盾」を取り扱いました。中学生になって初めての漢文でしたが、「矛盾」を始め、「蛇足」や「塞翁が馬」といった故事成語なら知っている、と前向きに授業に取り組んでくれた生徒たち。その総まとめとして、故事成語を使って体験文を書きました。各自の体験から故事成語にあてはま...

続き>>

pagetop