立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 各教科レポート

各教科レポート

各教科のプロジェクトや学習の成果の発表など、本校の様々なカリキュラム活動をご紹介するページです。

読書感想文優秀作品:芥川龍之介の「鼻」を読んで 

2012年12月31日 月曜日

 ぼくは、芥川龍之介の「鼻」という話を読みました。この話の登場人物は、内供、(侍)などです。登場人物は少ないですが、読むと自分の性格をふり返ることのできる、おもしろい話です。 内供の性格は、生れながら鼻が長くなってしまった自分の鼻を短くしたいと気にする性格です。 内供は、鼻のことを一番気にしていまし...

続き>>

読書感想文優秀作品:「羅生門」を読んで  

2012年12月28日 金曜日

 ある雨の降る古びた羅生門の下で主人に暇を出されてしまった下人が途方にくれていました。このまま生きるために盗賊になろうかとは思ってみてもなかなか踏み切れない、そんなときに、生きる糧を得るために悪事とわかって死人の髪の毛を抜く老婆に出会います。老婆は自分が生き抜くためであり、この死人も生前は生きるため...

続き>>

読書感想文優秀作品:「檸檬」を読んで 

2012年12月26日 水曜日

 「檸檬」という題名を見て、まず僕の頭に浮かんできたのは、あの「黄色い果物」という以外には何もなかった。どのような話が描かれているのか、想像するのさえ難しかった。最初の数行を読んでみただけで、あまり自分好みではないと感じた。なぜなら、僕と作者との世界観が全く違うし、普段僕が読んでいる小説のような爽快...

続き>>

読書感想文優秀作品:「銀河鉄道の夜」を読んで

2012年12月22日 土曜日

 僕はこの作品を読んで比喩や独創的な表現が多く使われていると思いました。例えば、天の川を「川や乳の流れた跡」等と言ったり、「天の川を本当に川や乳の流れと考えるならば、その一つ一つの小さな星は砂や砂利、細かに浮かんでいる脂油の球にあたる」等のような表現が沢山あったためです。又「小さなピンセットで一枚の...

続き>>

Autumn term in the EC department (by EC department head Mrs Sharp)

2012年12月16日 日曜日

The EC department has been busy this term with students taking part in various activities.  We started in September with a day of drama workshops...

続き>>

地元の町で小学5年生が街頭インタビューに挑戦!学校で習った英語を試してみました。

2012年12月08日 土曜日

11月30日、小学部5年生はホーシャムという地元の町にフィールドワークに出掛けました。この日は朝から快晴で、霜がおりたキャンパスは真っ白でした。出発前のミーティングで教室に集合すると早速今日の打ち合わせ。中学1、2年生の先輩達が英語の授業で行ってきた街頭インタビューに小5の4名が初挑戦することになり...

続き>>

読書感想文優秀作品:「星の王子様」を読んで

2012年12月05日 水曜日

 僕は大人でも子どもでもない。大人には子ども扱いされ、5歳のいとこも大学生のいとこもたまに大人扱いする。さしずめ「お兄さん」と言ったところだろうか。星の王子様を読んでいる途中も、僕は大人と子どもの中間だった。数字に執着して小惑星B612を検索してみたい、はたまた大人の考えがわからない王子さまに共感し...

続き>>

社会科・英語科フィールドワーク おなじみの街HORSHAMで価格調査!

2012年10月23日 火曜日

毎学期恒例の社会科・英語科フィールドワーク、中学2年生から「先生〜今学期はどこに行くんですか?楽しみです!」などと聞かれはじめたころ、行き先が発表されました。行き先は、生徒にとってもおなじみの街HORSHAMです。 今回は経済の勉強をしました。HORSHAMの街にある3軒のスーパーを回り、...

続き>>

国語科レポート「短歌の学習」

2012年10月12日 金曜日

中学部2年の教科書の単元である「短歌」を読み、まずは短歌を代表する正岡子規や与謝野晶子などの歌人の短歌を学習しました。その後現代短歌を代表する俵万智さんの歌集『サラダ記念日』を取り上げ、文語定型詩と口語定型詩の違いを学びました。そして最後には自分自身で実際に短歌を創作していきました。単なる創作ならば...

続き>>

1学期 中学部2年生 英語科校外学習報告《第4回》

2012年08月21日 火曜日

地元 Cranleigh の町の店を中学校2年生が1軒1軒まわってインタビューをした。これまでにも幾度となく訪れたことのある町なのだが、お店をまわり色々な質問をしているうちに不思議な親近感が湧いてきた。つたない英語を一生懸命聞いてくれた人、聞いたことの2倍も3倍も話をしてくれた人、大喜びで一緒に写真...

続き>>

1学期 中学部2年生 英語科校外学習報告《第3回》

2012年08月20日 月曜日

地元 Cranleigh の町の店を中学校2年生が1軒1軒まわってインタビューをした。その結果はいかに?全部で6つの質問をしたが、そのうちの最後の質問は「Do you like this town?」。チェーン店と古くからある個人経営の店が半ばするこの町の人たちがどれだけこの町を愛しているのか? 「...

続き>>

中学部3年 国語科『Xの肖像』【第3回目】

2012年08月18日 土曜日

中学部3年生では、教科書中の井上ひさしの作品である「握手」の学習後、ことばやしぐさ、行動などを通して自分の最も身近な人物Xについて描写する「Xの肖像」という作文を書きました。 みなさんはこれらの描写から、Xとはどんな人物を思い浮かべるのでしょうか。 ********************...

続き>>

1学期 中学部2年生 英語科校外学習報告《第2回》

2012年08月17日 金曜日

地元 Cranleigh の町のお店を中学校2年生が1軒1軒まわってインタビューをした。その結果はいかに?生徒たちは1学期の間、毎週交代で32軒の店をまわった。町の全店舗の恐らく1/3程度だが興味深い結果が得られた。全部で6つの質問をしたが、そのうち5つの質問に対する答えを下記にまとめてみた。   ...

続き>>

1学期 中学部2年生 英語科校外学習報告《第1回》

2012年08月16日 木曜日

昨年度から始めた英語科の校外学習。この学年は昨年中学1年生の時に近隣の街で行きかう人に街頭インタビューを繰り返し練習した。得られたものは、「習っている英語が本当に使える!」という実感と、「イギリス人はみんな親切な人ばかり。」という安心感だと本人たちは思っている。しかしもう一つ、実は「こちらから話しか...

続き>>

中学部3年 国語科『Xの肖像』【第2回目】

2012年08月14日 火曜日

中学部3年生では、教科書中の井上ひさしの作品である「握手」の学習後、ことばやしぐさ、行動などを通して自分の最も身近な人物Xについて描写する「Xの肖像」という作文を書きました。 みなさんはこれらの描写から、Xとはどんな人物を思い浮かべるのでしょうか。 ********************...

続き>>

中学部3年 国語科『Xの肖像』【第1回目】

2012年08月12日 日曜日

 中学部3年生では、教科書中の井上ひさしの作品である「握手」の学習後、ことばやしぐさ、行動などを通して自分の最も身近な人物Xについて描写する「Xの肖像」という作文を書きました。 みなさんはこれらの描写から、Xとはどんな人物を思い浮かべるのでしょうか。 *******************...

続き>>

中学部3年 国語科『ことばの描写力』【第3回目】

2012年08月09日 木曜日

国語科の授業では、言葉で表現する難しさに挑戦してみました。「描写力を高める」ということを目標に、① くるりくるりとねじれた、真っ白い、柔らかそうなソフトクリームを手にとって口に運び、口の中でとけてゆくまでの様子をくわしく、スローモーションのように描く。② 夏の夕方ざぁーっと降ってきた雨が上がったあと...

続き>>

中学部3年 国語科『ことばの描写力』【第2回目】

2012年08月06日 月曜日

国語科の授業では、言葉で表現する難しさに挑戦してみました。「描写力を高める」ということを目標に、① くるりくるりとねじれた、真っ白い、柔らかそうなソフトクリームを手にとって口に運び、口の中でとけてゆくまでの様子をくわしく、スローモーションのように描く。② 夏の夕方ざぁーっと降ってきた雨が上がったあと...

続き>>

「今日を生きる」〈高野晃一チャプレン〉

2012年08月04日 土曜日

今日を生きる髙 野  晃 一 イエスさまの山上の説教に、今日を生きるという教えがあります。「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。(マタイによ...

続き>>

中学部3年 国語科『ことばの描写力』【第1回目】

2012年08月02日 木曜日

   「八つか九つくらいの年頃だった。朝はまだひんやりしていた。私は門柱に寄り掛かって空を見ていた。朝日が昇ろうとしていたのだろう、透明な空が色づいていた。朝早く戸外にノートと鉛筆を持ち出して、私はなにやら書きつけていた。が、空はあまりに美しいので、その微妙な光線の変化を書き留めておきたくなって、雲...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第11回

2012年06月23日 土曜日

国際性 国際性とは何だろうか。ただ「国際性」と言われて考えても、なんだか私とはあまり関係なくて、もっと偉い、たとえば外交官だとか、国の大臣だとかに近い人が言うようなことのように思える。しかし、よく考えてみると、ささいなことではあるが、私たちの身近に、これも国際性といえるのではないかということがあると...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第10回

2012年06月19日 火曜日

国際性について  私が考える国際性とは、いかに他国の人にやさしく接したり、親切にしてあげられるか、または隔てなく接するかだと思います。  これが国際性だと思ったのは、ドイツでの体験がきっかけです。  ドイツに来てまだ間もないころ、近所で見つけたイタリアンレストランへ家族で行ったときのことでした。そ...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第9回

2012年06月13日 水曜日

日本人が国際性を得るには 思うに、国際性とはマイペースに生きるということではないだろうか。こう思ったのには理由があります。 去年、私が短期留学した時、ステイ先の高三の女の子には彼氏がいた。高三だから彼氏ぐらいいるのは日本でもよくある話だと思うが、なんとたった一週間のホームステイ中に四日間くらいを彼氏...

続き>>

英語科・社会科フィールドワーク、ナショナルトラスト"Hatchlands Park"に出かけました。

2012年06月10日 日曜日

 5月16日(水)の午後、毎学期行われている恒例の英語科・社会科合同フィールドワークが行われました。今回の目的地は、学校から車で30分程、GUILDFORD近くにあるナショナルトラスト、"Hatchlands Park"です。ここにあるお屋敷、オーナーの趣味で「あるもの」がたくさんコレクションされて...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第8回

2012年06月09日 土曜日

国際性 今道友信氏の「温かいスープ」を読んだ。その中の今道氏が経験したようなことを、僕も経験したことがありました。これが国際性といえるのかどうか分かりませんが、僕の心が温まった体験を書きたいと思います。 去年の十二月末僕達家族は父親の海外赴任によりイギリスに来ました。イギリスに来てから少したった後、...

続き>>

M1・P5 社会科フィールドワーク

2012年06月06日 水曜日

 昨年2011年度から始まった、中2以下を対象とした学期ごとの社会科フィールドワーク。今年度第一回のワークを5月9日(水)に実施しました。題して「クランレー村散策」です。CRANLEIGH(クランレー)村は立教から一番近い集落。見えるものは見渡す限り緑の丘陵と草を食む羊と牛たち...というカントリー...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第7回

2012年06月03日 日曜日

国際性  今道友信の「温かいスープ」を読んだ。その中で国際性について考えた。自分も少し経験したことがある。  冬休みにイギリスでサッカーの試合を見に行った時のことです。あるチームのホームグランドに行きました。そのチームのサポーターは一人一人熱くて、いいプレーをしたら褒めるし、良くないプレーだと容赦...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第6回

2012年05月10日 木曜日

一人一人の人間として  僕はフランスで夏休みと冬休みの二ヶ月間を過ごしました。その二ヶ月で感じた日本との違いは、フランス人というのは、ささいなことから外国人である自分によく話しかけてくれるということです。  我が家では犬を飼っているので、朝と夕方の一日二回散歩に連れて行きます。その散歩の途中にフラ...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第5回

2012年05月03日 木曜日

国際性について 中三三学期の国語の授業で今道友信の「温かいスープ」を読みました。その中で、国際性とは「外国語の能力や学芸の才気や事業のスケールの大きさ」ではなく、「相手の立場を思いやる優しさ、お互いが同じ人類の仲間であるという自覚なの」であり、「求めるところのない隣人愛としての人類愛、これこそが国際...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第4回

2012年04月27日 金曜日

「国際性」   今道友信氏の「温かいスープ」を読んだ。その中で主人公の青年はパリで部屋を借りるのに日本人だからという理由で断られたり、お金を受け取らずそっと温かいスープを出してくれたりと、色々な人と出会っていることがうかがえる。私も異国の地でたくさんの人に出会ってきた。その中でも、中東というところ...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第3回

2012年04月23日 月曜日

小さな親切  今道友信氏の「温かいスープ」を読んだ。その中で、僕は今道氏の、「国際性とは、相手の立場を思いやる優しさ、お互いが人類の仲間であるという自覚なのである」という言葉に共感しました。なぜなら、僕も英人の親切に何度も助けられたことがあるからです。  前回の冬休み、僕は電車とバスを使い一人で、...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第2回

2012年04月21日 土曜日

私が感じた国際性  今道友信氏の「温かいスープ」を読んだ中で、料理屋の母娘が主人公の大学講師に、パン二人前を一人前の料金で渡したり、温かいオニオングラタンを、「お客様の注文を間違えてしまったから、よかったら食べていただけませんか」と言って、差し出す場面があります。  この時代の日本人は世界の嫌われ...

続き>>

2011年度小学部6年国語の授業:谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を学んで

2012年04月17日 火曜日

谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を鑑賞した後、自分たちが「生きている」と実感することを考えてみて、各連の書き出しは変えぬまま、オリジナルの詩を作ってみました。    生きる  生きているということ  いま生きているということ  それは 心が動くということ  体が動くということ  歌を歌うとい...

続き>>

情景が心に浮かび感動が伝わる作文を書こう!小学校作文授業第3回:「アナウサギ」

2012年04月13日 金曜日

 小学校六年生の国語の授業で、星野道夫さんの「森へ」を読みました。自分たちが行ったこともないアラスカの自然、森の様子が、まるで自分たちが足を踏み入れているかのように読み取れ、思わず感動した生徒たち。カメラマンである筆者の撮影した写真も無論イメージの手助けにはなっていましたが、擬音語、比喩表現、問いか...

続き>>

中3国語で今道友信氏の「温かいスープ」を読んで国際性とは何かを考えました。ー第1回

2012年04月12日 木曜日

国際性 国際性と言われても何も思いつかないが、今道さんの作品を読んで思ったことがある。 まず、辞典で国際性を調べると、「外国、外国人とのかかわりかた。自国の常識にとらわれないものの見かた。」とあった。最近よく、「これからは英語の時代。英語ができないと就職もできないぞ。」というようなフレイズを耳にする...

続き>>

雨ニモマケズ〈高野晃一チャプレン〉

2012年04月11日 水曜日

雨ニモマケズ髙 野  晃 一昨年の卒業終業礼拝は三月十二日、東日本大震災の翌日でした。今年は十日で大震災の一周年の前日です。この一年間、よく用いられた「絆」について話し、礼拝や授業で人の生きる意味を考えてきました。先日も聖書の授業で生徒に原子力発電の今後、廃止か継続かに就いて考え、文を書いてもらいま...

続き>>

習った英語で街頭インタビュー!中学1年生の Godalmingレポート第3弾。(小林先生グループ)

2012年03月10日 土曜日

道行くイギリス人に英語でインタビューをする中学校1年生の英語校外学習。今学期は大きな町でのインタビューに挑戦。それぞれの町で行ったインタビューの集計結果をまとめ、レポートにしました。今学期2つ目の町は世界で初めて公共の電気街灯が灯ったというGodalmingです。   *   *   *2回目の英語...

続き>>

英語学習に励んでいる立教英国学院中学部1年生の「将来の夢」は?

2012年03月09日 金曜日

中学部1年では,将来,希望する職業,希望しない職業について,調査しました。その結果,希望する職業としては,1位がデザイナー,2位は医師,外交官,国連職員でした。クラスの自習時間の様子では,英語を習得しようという意識が高く,入学した4月にアルファベットの練習をしていた生徒たちが,今では,英語の問題集は...

続き>>

習った英語で街頭インタビュー!中学1年生の Godalmingレポート第2弾。(倉品先生グループ)

2012年03月06日 火曜日

道行くイギリス人に英語でインタビューをする中学校1年生の英語校外学習。今学期は大きな町でのインタビューに挑戦。それぞれの町で行ったインタビューの集計結果をまとめ、レポートにしました。今学期2つ目の町は世界で初めて公共の電気街灯が灯ったというGodalmingです。    *   *   * 今回...

続き>>

情景が心に浮かび感動が伝わる作文を書こう!小学校作文授業第2回:「雪の日」

2012年03月04日 日曜日

 小学校六年生の国語の授業で、星野道夫さんの「森へ」を読みました。自分たちが行ったこともないアラスカの自然、森の様子が、まるで自分たちが足を踏み入れているかのように読み取れ、思わず感動した生徒たち。カメラマンである筆者の撮影した写真も無論イメージの手助けにはなっていましたが、擬音語、比喩表現、問いか...

続き>>

習った英語で街頭インタビュー!中学1年生の Godalmingレポート第1弾。(山根先生グループ)

2012年03月02日 金曜日

道行くイギリス人に英語でインタビューをする中学校1年生の英語校外学習。今学期は大きな町でのインタビューに挑戦。それぞれの町で行ったインタビューの集計結果をまとめ、レポートにしました。今学期2つ目の町は世界で初めて公共の電気街灯が灯ったというGodalmingです。   *   *   * 今日はとて...

続き>>

情景が心に浮かび感動が伝わる作文を書こう!小学校作文授業第1回:「雪が降った」

2012年03月01日 木曜日

 小学校六年生の国語の授業で、星野道夫さんの「森へ」を読みました。自分たちが行ったこともないアラスカの自然、森の様子が、まるで自分たちが足を踏み入れているかのように読み取れ、思わず感動した生徒たち。カメラマンである筆者の撮影した写真も無論イメージの手助けにはなっていましたが、擬音語、比喩表現、問いか...

続き>>

習った英語で街頭インタビュー!中学部1年生のHorshamレポート第3弾。(山根先生グループ)

2012年02月28日 火曜日

道行くイギリス人に英語でインタビューをする中学部1年生の英語校外学習。今学期は更に大きな町でのインタビューに挑戦。それぞれの町で行ったインタビューの集計結果をまとめ、レポートにしました。 今日は最初だったので、様子を見ながらインタビューをしました。今日は、男子と女子2つのチームに分かれて目標20人...

続き>>

一足遅い新春書初め大会(国語科)

2012年02月26日 日曜日

お正月と言えば書初めですが、中学一年生の国語の授業で一足遅めの書初め大会を行いました。海外、ということで一番困るのが、やはり習字道具を揃えることです。日本ではすぐに手に入る筆や墨も、立教では簡単には手に入らず、卒業生の残していってくれた書道セットが活躍しています。中学一年生の生徒達は、以前に習字を習...

続き>>

習った英語で街頭インタビュー!中学1年生のHorshamレポート第2弾。(小林先生グループ)

2012年02月25日 土曜日

道行くイギリス人に英語でインタビューをする中学部1年生の英語校外学習。今学期は更に大きな町でのインタビューに挑戦。それぞれの町で行ったインタビューの集計結果をまとめ、レポートにしました。1月19日の2時間続きの英語の時間に、私たちはホーシャムという町にでかけました。そこで、私たち5人グループは50人...

続き>>

習った英語で街頭インタビュー!中学部1年生のHorshamレポート第1弾。(倉品先生グループ)

2012年02月13日 月曜日

道行くイギリス人に英語でインタビューをする中学部1年生の英語校外学習。今学期は更に大きな町でのインタビューに挑戦。それぞれの町で行ったインタビューの集計結果をまとめ、レポートにしました。 私達のグループは2つの班に分かれて次の質問を道行く人にしました。 質問内容 1 How often do y...

続き>>

「英会話の授業で校外学習:今学期は地元のアートスタジオで、手作りの絵皿を製作」

2012年02月03日 金曜日

2011年度、ECの授業(英国人講師による英会話)は、近隣の村・町での英会話ワークなど新しい取り組みを続けてきました。新年を迎えた3学期は、近くのSMITHBROOK KILNという小さな店や工房が集まったショップエリアのアートスタジオで、手作りの絵皿作りに取り組むことになりました。といっても、ろく...

続き>>

先学期ECの授業で訪れた不思議な場所、Smithbrook Kilnを友達に英語で紹介しました!

2012年02月01日 水曜日

先学期のEC(English Communication)の授業で訪れた Smithbrook Kilnの陶器屋さんから、その時製作していた大きなプレートが届きました。今学期もまたECの授業でここを訪れ、今度は生徒たち自身がそれぞれのプレートをデザインするという英語実習をする予定です。そのSmith...

続き>>

Smithbrook Kilnの陶器屋さんから届いた大きなプレート!感謝の意を込めてThank you Letterを書きました。

2012年01月31日 火曜日

先学期のEC(English Communication)の授業で訪れた Smithbrook Kilnの陶器屋さんから、その時製作していた大きなプレートが届きました。丁度、戦没者を追悼するRememberance Dayの頃だったので、そのプレートには薄ピンク色のきれいなポピーの花と「平和」」「花...

続き>>

第2学期 中学部1年生英語校外学習レポート(その2)

2012年01月03日 火曜日

今学期の中1校外学習の外出先はBillingshurst。こじんまりとした小さな町だが、その分行き交う人もゆったりと歩いているような気がする。生徒たちが勇気を振り絞って話しかけると立ち止まって親切に答えてくれる人が多かった。それでも第1回目は、ただ通りを行ったり来たり、地図を描いたりお店の名前をチェ...

続き>>

pagetop