立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 英語を使う機会が増えてよかった「春休み」

立教生が綴る英国寮生活

英語を使う機会が増えてよかった「春休み」


  • 写真はイメージ写真です。
 僕は、この春休みに旅行に行かず、あまり特別なことをしませんでした。けれどもこの春休みは楽しかったです。
 僕は、昔通っていた現地校へ、サポートしに行きました。そこでは、日本人のおばあちゃんの先生と昔僕の担任であった技術とパソコンの外人の先生の授業をヘルプしました。
 日本人の先生は、現地校にいる日本人の子供に英語を教えています。そこでは、子供たちと英語のプリントをやったり、パソコンを使うときに手伝ったり、部屋の整理をしたりしました。外人の先生の授業では自分でゲームを作ったり、ロボットを作ったり、車を作るのを手伝ったりしました。英語を使える機会がありとても楽しかったです。
 その他に、小学六年生までかよっていた、テルフォード日本人補習校へ行き友達と勉強しました。他には、休み時間に友達とサッカーをして遊びました。ひさしぶりに友達と会えて一緒に遊べて楽しかったです。
 さらに補習校へ行く一日前、イギリス人と日本人のハーフの友達の家へ行き一泊しました。友達の家では、ゲームをしたり、話したり、動画を見たりしてとても面白く大笑いしました。さらにそこでは、その友達の友達とサッカーをしました。英語を使う機会が増えてよかったと思っています。
 ぼくは、この春休みがあってよかったと思っています。なぜならこの休みは英語を使う機会が多く楽しかったからです。いつもの休みなら買い物に行くときぐらいしか英語を使わず、だんだん英語の発音や単語を忘れがちだったけれど、この休みで他の国の人とコミュニケーションをとり、忘れかけていた英語をすこしずつ取り戻すことができました。
 こういう機会は日本ではなかなかできないので、そういう点ではイギリスへ行ってよかったと思っています。

(中学部2年生 男子)

最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop